無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

楓士雄の転校
あなた、楓士雄、司の3人は、鬼邪高の屋上に居る
村山  ○○
村山 ○○
はあ〜。気持ちいな〜、ここは。
高城司
そうだな笑
花岡楓士雄
、、、あのさ、
村山  ○○
村山 ○○
ん?
高城司
ん?
花岡楓士雄
おれ、実家帰るわ。
村山  ○○
村山 ○○
は!?
高城司
嘘だろ、、、
花岡楓士雄
じいちゃん倒れちまってさ。母ちゃんが面倒見るって聞かねえんだよ笑
花岡楓士雄
だからあなた、司。お前らで頂上(テッペン)とれ!
高城司
は、、、
村山  ○○
村山 ○○
、、、この「3人で」とりたかったけどな。
高城司
ああ、、、
花岡楓士雄
俺もだ。けどしょうがねえだろ。
村山  ○○
村山 ○○
だな。
高城司
、、、分かった。
村山  ○○
村山 ○○
いつ転校すんの?
花岡楓士雄
、、、今日だ。
村山  ○○
村山 ○○
え、、、
高城司
マジかよ、、、
花岡楓士雄
ま、大丈夫だ!笑
花岡楓士雄
いつか戻ってくるし!
楓士雄が屋上が出ていく。あなたと司は着いていく。
校舎の外にある道を歩く
花岡楓士雄
そんな顔すんなって!笑
花岡楓士雄
永遠の別れじゃあるまいし笑
高城司
ああ笑
村山  ○○
村山 ○○
そうだな笑
花岡楓士雄
じゃ、今から行くわ!じゃあな。
村山  ○○
村山 ○○
早っ笑じゃあな!
高城司
またな!
花岡楓士雄
(2人に背を向け歩き出す)
花岡楓士雄
頂上(テッペン)、、、とれよ!
そう言い、手をヒラヒラさせて去る
村山  ○○
村山 ○○
行っちまったな、、、
高城司
ああ、、、
村山  ○○
村山 ○○
なーんか!楓士雄が居なくなったら急に静かになったな笑
高城司
そうだな笑
高城司
、、、
村山  ○○
村山 ○○
、、、屋上、行くか。
高城司
おう。