無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

父さん、、、
あなたはバスで帰った後、ある場所へ向かった。
バンッ
村山  ○○
村山 ○○
久しぶりだな。
、、、
村山  ○○
村山 ○○
、、、、、、、、、、
村山  ○○
村山 ○○
父さん。
そう。父の所だ。自分が強い心を持つために、、、
おおー笑また殴られに来たか?笑
村山  ○○
村山 ○○
違ぇよ笑
村山  ○○
村山 ○○
、、、お前を倒しに来た。
ふーん笑かかって来いよ笑
そうして戦いが始まった
30分後
ハアハア  バタッ
村山  ○○
村山 ○○
ふっ、、、弱くなったな。
クソっ、、、
村山  ○○
村山 ○○
これで良いだろ。もう関わんなよ。お前も私もスッキリしたろ。
そう言ってあなたはその場所から静かに去った
あなたは下を向いて静かに泣きながら帰っている
村山  ○○
村山 ○○
これで、終わった、、、
あなたは密かに父親に暴力を受けていた時の事を引きずっていたのだ。そして今日、タイマンを張ったことでスッキリしたのだ。そして、、今まで恐れていた父に立ち向かったという強い心を持てたことがあなたには嬉しかった。
村山  ○○
村山 ○○
鬼邪高に、戻ろう、、、
そう決意した。一方、司も、鬼邪高に戻ることを遠い所であなたと同じタイミングで決意した。