無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

it's showtime
(中庭に行く)
村山  ○○
村山 ○○
うわ。結構いんね。
花岡楓士雄
そうだな。
男1   やあ。村山あなたはどこだ!
村山  ○○
村山 ○○
私だけど。何?
男1  俺の事覚えてない?
村山  ○○
村山 ○○
ん?……!?お前、あの時の!
男1  思い出したね。あの時は逃げられたから、仕返ししに来たんだよ。
村山良樹
なあ。あの時って…?
村山  ○○
村山 ○○
それは後!今はこいつを片付ける!
男1  おっと。ただし条件がある。それは、俺がお前を50発殴る。それに耐えきれたら、お前の勝ちだ。
村山良樹
はあ!?
花岡楓士雄
はあ!?
高城司
はあ!?
村山  ○○
村山 ○○
……OK。掛かってきな。
男1  (殴る)
村山  ○○
村山 ○○
ウッ   弱っww
男1  んだと!?(思いっきり殴る)
村山  ○○
村山 ○○
ウッ!(倒れそうになる)
村山良樹
あなた!
村山  ○○
村山 ○○
…大丈夫。(体制を整える)
(男1が49発まで殴る)
村山  ○○
村山 ○○
ハアハア、、、
男1  あれー?wwもう終わる?wwじゃあ、最後だね。(ナイフを出す)
村山良樹
!?
高城司
!?
花岡楓士雄
!?
村山  ○○
村山 ○○
……ナイフなんか使うんだ。へー。それ、負け認めちゃってるよ。www
男1  !?う、うるさい!死ね~!!!(あなたに向かって走り出す)
村山  ○○
村山 ○○
(男1の両手首を掴んで、ナイフを落とさせた後、膝蹴りをする)
男1  ウッ!(倒れるが、その時にナイフを拾うって、再びあなたの元へ行く)
村山  ○○
村山 ○○
マジか。
男1  (あなたの腕を切る)
村山  ○○
村山 ○○
(血が吹き出る)イッ、、
村山良樹
あなた!
高城司
あなた!
花岡楓士雄
あなた!
村山  ○○
村山 ○○
(目が青く光った後、男1を睨みながら走って行き、思いっきり殴る)
村山良樹
!?
高城司
!?
花岡楓士雄
!?
男1  ウッ!(倒れる)
村山  ○○
村山 ○○
フッ   終わりだね。じゃあね。ww