第48話

私が欲しいのは
ゆうか




今日は北人くんを待っている。


約束は午後6時。




6時になるとこの時期、公園はライトアップされる。










今は5時40分。




私の手は緊張で暖かいこの天気に反してすごく冷たかった。

そんな私の手には缶のココア。

いつも寒い時、北人くんが買ってくれたココア。








あなたちゃん。ごめんね

応援するって決めたのに。

でもきっとあなたちゃんなら許してくれるでしょ?

だって優しいから。





こんな酷いことをやってきた私を見捨てないでくれた。






もし、北人くんが来てくれなかったら私はあなたちゃんの恋を本気で応援する。






































ゆうか
ぐすっ







私の首に光るネックレス。

北人くんが誕生日にくれた宝物。

学校にも本当はだめなのに隠してつけて行ってる。




ねぇ、北人くん。

君はもう、帰ってこないの?





私は素直になったのに。
もう遅かった?






















助けて。
誰でもいいから。























































さやか
何してんの?
ゆうか
え?
ゆうか
さ、やか??
さやか
風邪ひくよ?
ゆうか
アメリカいったんじゃ
さやか
明日ね。
ゆうか
そう、なんだ。
さやか
で?何してんの。
さやか
1人で泣いて
ゆうか
さやか
そのネックレス…
さやか
え?ちょ、いいの?
ゆうか
いいの。これがあると忘れられないから










ポチャン…














ネックレスは池に沈んで行った。














さようなら。

































それと同時に無数のライトが光った。






















ゆうか
さやか。あの時は本当にごめん。
さやか
へ?もういいよ。
ゆうか
いやよくない。
ゆうか
私、さやかに嫉妬してた
さやか
そんなのわかってるよ
ゆうか
ねぇ、さやか。
さやか
ん?



























、、








、、








ゆうか
友達になってよ。
















、、






















さやか
…いいよ。なってあげるw
ゆうか
ほんとに?
さやか
うん。
さやか
て言ってもすぐアメリカ行くけどw
ゆうか
さやか…
さやか
ほら、泣くな泣くな
ゆうか
ふふっ
さやか
あははww

































私は好きな人を失った。


















でも、それ以上に欲しかった親友ができた。





























これもきっとあなたちゃんのおかげ。

























ありがとう。