第47話

ゆうかの本心は
まい
あなた!
○○
まい…
北人
まいちゃんどうしたの?
忘れ物?
まい
先輩、
北人
なに?
まい
先輩が1番好きなのはだれなんですか
北人
へ?
○○
○○
やっぱいいよ
まい
だめ!あなた逃げちゃ…今はっきりさせないとずっと引きずるよ
○○
北人
そんなの。あなたに決まってるけど、
まい
じゃあ、単刀直入に言いますけど…
まい
なんで寝言でゆうか先輩の名前が出てくるんですか
北人
ゆうかの名前?
まい
先輩が寝てる時、ゆうかって呟いたらしいですよ。
まい
そうだよね、あなた?
○○
う、うん。
北人
それは、
北人
まい
もういいです。
まい
あなたいこ
○○
え?



































ガチャン。





























北人
俺は…
北人
どうすればいいんだ。












あの日、夏祭りの帰り。

ゆうかに偶然会った。

ゆうかも夏祭りに来てたみたいで…
でもそれは祭りを楽しむためじゃなくて









ゆうか
北人くんと夏祭り来たなーって思って
北人







まだあいつは俺のことが好き。





でも俺はあなたが好き。






ゆうかは俺にこう言って来た。





ゆうか
私ね、ずっとずるすることしか考えてなかった。
ゆうか
でもあなたちゃんに言われて気づいたんだ。
ゆうか
私はもう北人くんが好きじゃないって、
ゆうか
ぐすっ
ゆうか
そう、思ってたのに…
北人
ゆうか?
ゆうか
やっぱり。私は北人くんが好き。
北人
でも、俺は
ゆうか
知ってる。私だって応援しようとしたの
北人
ゆうか
でもごめんね。
北人
え?
ゆうか
ちゅ
北人
…っ
ゆうか
もし、もう一回私とやり直してくれるなら。
ここに来て、
ゆうか
でもだめならこれで終わりにする。
ゆうか
待ってるね









びっくりした。

キスされた。

俺は怒れなかった。ゆうかは泣いてて
でも、あなたへの気持ちが変わったわけじゃない。



ゆうかが指定した日時はちょうど今日だった。

場所は2人でよく行ったあの公園。
あなたが見つけた写真もそこで撮ったもの。










でもごめんな、ゆうか。








今、俺が行くべきところは





















































北人
あなた。








ここしかないんだ。