無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4,963
2020/02/27

第1話

推しからの愛は受け取れません!♯0
♡   「僕は、君が好きなんです!付き合ってくれませんか?」

♥ 「お断りします。あなたは、この世界の神ですよ?私なんかが貴方様に近ずいて言い訳ありません。さようなら」

♡ 「え!ちょっと!待ってくださいよぉ〜(´;ω;`)」
なんで私なんかが推しから付きまとわれているんだ?

貴方様は、神もしくは天使ですよ?

推しは、推しらしく画面の向こうで輝いてて下さい!!!

ってあれ?どうしてこうなったんだっけ?
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ちなみに ♡←まふまふさん
♥←あなたさん です!


あなた side


どうもあなたです!

私の推しは歌い手のまふまふさん!

まふまふさんが歌い手を始めた時から応援してる

自分で言うのもなんだけど、結構古参だと思う!

ちなみに…

同担さん◯!

他担さん◯!

リアコさんも◯!

あ、私はリアコじゃないよ?推しは推しだからね☆

いつでもまふまふさんに迷惑をかけないよう行動している





話は変わるが

今は、まふまふさんのひきライに来ている!

奇跡的に当たったんだよね〜

めっちゃ楽しみ!

し・か・も!

最前列!ど真ん中!!!

あぁぁ!神様!仏様!まふまふ様!

マジでありがとおぉぉぉぉ





それから数時間程のライブを楽しみ、今から帰宅します!

グッズの開封が楽しみすぎる!

ふんふーん♪
「あの…すみません…」

♥ 「へ?えっとなんですか?」

「私、ここのスタッフなんですけども…」

♥ 「はい」

「もし、お時間良ければアンケートにお答え頂けませんか?」

♥ 「アンケートですか?ライブの?」

「はい!そうです!」

へぇ〜、今ってアンケートなんかとってるんだ!

きっとまふまふさんのご意向だよね!

一つ遅い電車に乗る予定だし、少しだけならいいかな?

♥ 「はい!大丈夫ですよ!」

「ありがとうございます!では、こちらへ」







そいう言って連れていかれたのは…?