無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

バトル 1
朝8時20分、赤羽美瑚を昇降口にて発見。

いくぞ!
美瑚
振り返ってきた赤羽美瑚を、下駄箱に壁ドンする。
はよ。今日も可愛いな
これはキュンとしただろう。女心を掴むために少女漫画をネットで読み漁ったからな。

ほら、赤羽美瑚も照れ――
美瑚
あれ?昨日と言ってること違うんですけど
てなかった。冷めた目で見返される。

……昨日?

あ、そうか昨日は「綺麗」だって言ったのか俺!
た、確かに違うけど、お前は綺麗でもあるし可愛いってことだよ。何もおかしくねえだろ
美瑚
あそ
スタスタと歩き去っていく赤羽美瑚。しまった両手で壁ドンしておけばよかった、普通に逃げられた!


つか……一切動揺しねえってマジかよ!?
はっはァ!どん、どんまい!
腹立つ笑い方だな!
恭弥
こんな調子で大丈夫なんですか〜?終わります?罰ゲーム
大丈夫に決まってんだろ!!なあ蘭!
うっ、うん!臣くんかっこいいし、いけるよ!
幼馴染みが言うなら間違いない。

よし、次だ次!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るうみ
入賞者バッジ
るうみ
気ままに小説を書きます_✍ よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る