無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

バトル 5
お前、好きなタイプは?
正面から、直接。
美瑚
……は?
隣を歩く赤羽美瑚が怪訝そうな顔で俺を見た。

部活終わり、またも一人で帰ろうとしていた赤羽美瑚を捕まえて並んで帰っている最中である。
好きな男のタイプだよ。どんな奴が好きなんだ?
美瑚
……そういうこと聞いてこない人
…………じゃあもう聞かねえ
くそ、詰んだじゃねえか。こいつ強すぎだろ。躱し方が手慣れてやがる。

前を向いて黙り込むと、会話が消える。

……なんか喋れよ。
女バス、今どんな感じだ?
美瑚
……どんな感じって?
強さとか、雰囲気とか。女バス仲良さそうだし
美瑚
……仲良いよ。やる時はやるし、すごく良い関係
ちゃんと返事してくれてる。さすがに二人だからか無視はしないらしい。
ふーん。お前はバスケやらねえの?
美瑚
私はいい。運動神経良くないし、見てる方が好き
なら明後日、練習試合見に来るか?
実は今週の土曜日、他校の男バスと俺たちで練習試合がある。

6校合同での練習試合で体育館のコートを全て使うため、女子は練習が休みなのだ。
来いよ。んで俺を見とけ。シュートいっぱい決めてやっから
陽気に笑いかけると、赤羽美瑚はほんの少し迷う素振りを見せた。

目を泳がせて、ぼそっと言う。
美瑚
しおに合わせる
よっしゃ!!「来ない」とは言われなかった!!これは来る!!

まじでシュート決めまくって惚れさせてやろ。バスケ好きなら全く無反応ってことねえだろ。

絶対ぜってえときめかせてやる!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るうみ
入賞者バッジ
るうみ
気ままに小説を書きます_✍ よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る