無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🦇♥🦁:リクエスト
826
2020/02/24 12:06



午後8時、着信が入った。
彼氏の大我かと思えば、まさかの元彼。

そういえば、彼氏のこと言ってなかったっけ。

なんて思いながら通話ボタンを押す。



you
もしもし?
田中樹
久しぶり、何してる?
you
ソファーでごろごろしてる
田中樹
変わらねーな笑
you
………変わったよ、私ね
田中樹
ん?
you
樹以外の人の彼女になった
田中樹
え、彼氏、できたんだ
you
うん、だからもう会えない
田中樹
そっか、どんな人?
you
言っていいの?笑
田中樹
聞きたい、お前の好きになった人
you
公園でバスケ一緒にしたりするタイプ
じゃ無いけど、1番大事にしてくれる
田中樹
それから?
you
映画は洋画よりも邦画派だし樹みたいに
泣いたりしないけど、凄い頑張り屋
田中樹
なんでさっきから俺と比べんの笑
しかも比べるとこずれてるし
you
樹と真逆過ぎて比べらんなかったや
田中樹
俺、タイプじゃ無かったんだ?
you
タイプじゃ……、無かったよ



嘘、どタイプだった。



田中樹
そっかー、いい人いたんなら俺用無し
you
え?
田中樹
もう1回やり直したかったな
you
ごめんね、、樹、私、
田中樹
あなた?




ピーンポーン




you
ごめん、多分彼氏来たから切るね
田中樹
え、ちょ、




声を聞いただけで、君を思い出してしまいそうになる

今君には絶対に会いたくない。






私が好きなのは







京本大我
あなた、急にごめんね
you
んーん、入って?
京本大我
会いたかった
you
私も







大我だけ……。





















次、私から電話かける前にいい彼女作っておいて。