無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🦁:リクエスト
1,004
2019/12/10 16:40



私の朝は、1日で1番大変かもしれません。




you
樹起きて!
you
9時だよ!
you
仕事!
田中樹
んー、いや
you
ねぇ〜、
田中樹
ちゅーして
you
起きたらちゅーしたげる
田中樹
いや、ちゅーしてくれたらおきる
you
じゃあいいや、仕事遅れても知らないよ
田中樹
ねー、おれさむくておきれねーから
田中樹
いっかいこっちきて
you
布団が暖かいんだから私入ったらもっと
出たくなくなるよ
田中樹
いい
you
だめ


この人、朝弱い癖にわがままは凄いんだよ。

田中樹
あなたこっちって、
you
ちょっとぉ、
田中樹
ああ〜、あなただ



結局私も布団に入れられてしまいました。


you
んもう、来たから起きて
田中樹
いーや、おれまだあなたとちゅー
してないから
you
はぁもう、

チュ

田中樹
ほっぺじゃねぇべ
田中樹
くち
you
嫌だよ、するなら起きてから
田中樹
わかったけどいっしょにおきよ
you
いいよ


のろのろとやっと体を起こした樹。



田中樹
おはよ
you
おはよ
田中樹
はい、ちゅー電


チュ〜♡

田中樹
よーし、これで今日は元気ー!
you
やっと起きたよもう、疲れた







正直、デレデレじゅったん可愛くて
好きなんだけどね。