無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,287
2019/08/09

第54話

寮ウィーク⑮〜願〜
あなた

りっくん。ありがとう
じゃ後で

リクヲ
じゃあね



私はドアに寄り、沈むように座った
あなた

(退学って..)

あなた

(何で、..)

体操座りをし、私は顔を下に向けた
エイジ
快斗〜


リビングからエイちゃんが呼んだ
あなた

ごめん!俺、ちょっと外出てくる

私は玄関からそう言い

何も返事を聞かずに出た
モトキ
リクヲ来てたぽいね
マサイ
だね
エイジ
もしかして、それ聞いたかな..?
エイジ
俺、りっくんのとこ行ってくる
ついでに快斗も探してくる
モトキ
分かった
エイジ
ちょっと待ってて







☆☆☆










あなた

(退学なんて知らないよ..、俺何も聞かされてない
なんで、、)




私は「コンコン」とノックをした
入るとそこには校長とヒカ先生がいた
あなた

先生

校長
来ると思ってたよ
あなた

校長、どうしてですか
どうして、..退学なんですか..

校長
これは、僕が決めたことじゃないんだ
あなた

校長
彼らが決めたことなんだよ
あなた

そうなんですね..

校長
僕達も止めたんだ。
でも、みんな揃って言った
校長
僕としても5人は前からヤンチャだったけど、可愛かったからいて欲しかったんだけどね
校長
でも、彼らの決断だから
応援するしかない
あなた

(みんな..)
先生、じゃあお願い聞いてもらっていいですか?

校長
ああ、いいよ











☆☆☆










エイジ
快斗
あなた

あ、エイちゃん




私は校長先生と話し、

戻ろうとした時


エイちゃんは壁によっかかっていた
エイジ
特別室行こ
あなた

うん

あなた

え、何でここって分かったの

エイジ
探してたら、そこで熱弁してる
快斗見つけた
あなた

見てた!?!
もう、酷いな〜

エイジ
(思ったよりも元気そうだな)


視線を感じて見るとパッと目を逸らされた
エイジ
何だよ
あなた

何て、こっちこそ何だよ笑

エイジ
言葉が、男ぽくなってきたね
あなた

まあ、男子生活半年目だからなー

エイジ
そんなセリフないからね?w
あなた

俺も初めて言ったよw








☆☆☆







??1
(男子生活半年目?って..)