無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,427
2019/07/21

第51話

寮ウィーク⑫〜連行〜






かめむしsaid.












かめむし
いってぇ。
かめむし
ド派手にやったよな
はやしん
さすがに
今回は退学やで
サイバーマン
だな




俺達5人はヤツらと戦った後

壁に並んで座っていた
まーちん
はぁ、これで終わりかしら
かめむし
うん、終わりや
さとるん
まあ、解決したし
ここにおっても見つかるんとちゃう?
はやしん
せやな〜、家帰るか




このまま逃げようと思った


逃げ出したいって思った



でも、

かめむし
なあ、最後に..
かめむし
謝らへん??


みんなは俺の顔を一斉に見た
まーちん
あ!!快斗に謝らなきゃね!!
だって、あんな可愛い子サイバが殴っちゃったんだからあ!!


っていつも通りのテンションでまーちんが言ってくれた
サイバーマン
せや!!
ほんま辛かったで??
さとるん
サイバの一発はあかんわ笑
はやしん
あれは、嫌われたな
サイバーマン
やっぱ..そうか..
かめむし
みんな..
はやしん
リーダー、行こう
かめむし
おん













☆☆☆















快斗said.











あなた

(寝れるわけないよね..)



今日は保健室で寝てる

小豆先生が、私の見張り?的なことをしてくれてる

けど、疲れて寝ちゃってる
あなた

(外の空気でも吸いに行こ。)





外の空気って何かと落ち着く。




先生を起さないように

忍び足で、私は外に出た
あなた

はぁ..

あなた

(みんな、見つかったかな。)

??1
快斗
快斗!



小声で私を呼ぶ声が聞こえた
あなた

ん?

あなた

あ!

あなた

みんな!!!!

はやしん
シーっ!


しんちゃんは唇に指当てた
あなた

あ、ごめんごめん

あなた

みんな、なんで?

かめむし
快斗、本当にごめんなさい
皆んな
ごめんなさい


5人は私の前で深く頭を下げた
あなた

やめてよ
頭上げて



みんなはゆっくり頭を上げた


あなた

もう、ダメだよ!
こうゆうの

かめむし
もちろん。
小豆先生
快斗〜!
でちゃダメでしょ!


前から小豆先生が来た
あなた

ごめんなさい

小豆先生
快斗寝てなきゃダメでしょ
あなた

はーい。



私は先生の後ろをついて行った
小豆先生
あんた達も来るのよ
かめむし
え、
小豆先生
本当に、みんな心配してんだから
かめむし
分かりました。