無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

26
2020/10/26

第3話

さん
(なまえ)
あなた
テヒョン君今日ノートとってなかったの?
テヒョン
テヒョン
あぁㅎ
テヒョン
テヒョン
ちょっとボーとしてて気づいたらとってなかったㅎ
(なまえ)
あなた
そうなんだㅎ











テヒョン君でもぼーっとすることあるんだ



なんか以外ㅎㅎ














.
テヒョン
テヒョン
何ニヤニヤしてんの?ㅎ
(なまえ)
あなた
えっ
(なまえ)
あなた
私にやけてた?
テヒョン
テヒョン
うんㅎ
テヒョン
テヒョン
すっごくㅎ















まじか
絶対変な人だと思われた









なんか恥ずかしくなってきた//







(なまえ)
あなた
じゃじゃあね//





























































ギュ











(なまえ)
あなた
えっ





テヒョン君がわ......私の手を握ってるんだけど





どうゆう状況!?
(なまえ)
あなた
テ......テヒョン君?
テヒョン
テヒョン
あ......あぁごめんごめんㅎ
テヒョン
テヒョン
ノート返してなかったから
テヒョン
テヒョン
はいっ
(なまえ)
あなた
あぁありがとう☺️☺️
テヒョン
テヒョン
っ///
テヒョン
テヒョン
じゃじゃあな/
(なまえ)
あなた
うん😊
(なまえ)
あなた
バイバイ!
















これは友達になれたのかな............?










なんかテヒョン君顔赤かったような?







まぁ気のせいか!

























でも今は放課後で人も少なかったからいいけど普段は喋れなさそうだな























(なまえ)
あなた
モテるって大変だなぁボソッ