無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

始まり
???
???
ハア,ハア。
「こら、待て!!」

???
???
💭 ああ、だから人間は嫌いなんだ。
人間というものはすぐ珍しい物や動物を奪
おうとする。私達が何をしたって言うんだ
ただ、幸せに暮らしたいだけなのに。
???
???
大神様!
シュッ―。


目の前に、この森の守り神、大神様が現れた
「あ,あぁ。」
この男は腰抜けだな。
まあ、仕方ないか。何だって、目の前にいるのは私達の何倍も大きい狼なんだから―。


まあ、そんな男はほっといて、私は大神様に飛び乗った。
???
???
さっさと失せろ。じゃないと大神様が貴方を噛み千切っちゃうよ?
と、不気味な笑みを浮かべた


「ひぃっ!ば、化け物~!」
???
???
ふう、ありがと。大神様( ´∀`)
大神様
大神様
ああ、どういたしまして
どうして大神様が私と喋れるの?って思ったでしょ?それはね、私のペンダントのお陰なの。
消えてたらごめんね🙏💦💦









もうちょっとで、BTSの皆さんを出します。長くてすいません(._.)