無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

.
元太 side


最近 あなた の 様子 が おかしい 。
なんか 、やけ に 俺 に 冷たいし 。
松倉 と なんか 仲良くなってるし ???


いや 、オレ の 松倉 だから とんなよ!!!(



今まで 、全部 オレ に 話してくれてた じゃん 。


『 なんでもない!』 とか 言ったこと なくて
ず 〜 っと オレ に 頼りっぱなし の あなた
可愛かったのにな 〜 。


〜〜〜




あ『 ねえ 、元太 』
元太「 ん?? なに?? 」
あ『 やっぱ なんでも 、ない … 。』


え 、何 オレ に 隠し事 ですか あなた さん
どうしたら いいんですかね 。



元太「 ねえ 、なんで オレ に 隠し事 するの??」
        「 オレ じゃ 、不安 ??? 」
        「 ねえ 、もっと 頼ってよ … 。」
        「 さみしい 、じゃん 、かあ 。」



待って 、オレ ぜってえ キモい って 思われた 。
ああ 、嫌われちゃったら どうしよ 、