無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

.
だけど 、元太 が この前 言ってた
“ 彼女 いらない 発言 ” は 本当 なのだろうか 。






嗚呼 , あたし は なんで 元太 に 恋 して しまったのだろうか 。






毎年毎年 元太 は バレンタイン も 沢山 の 女子 に 貰っていた 。
でも 元太 は 、


『 他 の 女子 の チョコ を 貰わない 』。


これ は あたし も 不思議 で 仕方 ない 。
だから と 言って 、他 の 女子 と 仲良くない 訳 ではない 。
むしろ 、良すぎるくらい 。
毎日 みぇ〜ん とか 、あげみ〜 とか 言ってるくせに
女子 の 一大イベント には 興味 が ないのか 。
なぜか あたし には わからなかった 。





ある日 の 放課後 。



あ 『 元太 帰ろ 〜〜 』
元太 「 帰ろうぜえええい っ ‼︎ 」

これだけ 、これだけで

周り の 女たち の 視線 が 痛い 。


《 なんで アイツ が 元太 と 帰るの ? 》

〈 それな 、意味 わかんない w 〉


そんな 元太 と いるのが 羨ましいからって
そんな顔 すんなって ‼︎
元太 は オマエら に なんか 興味 ねえから ‼︎(


おっと 、口 が 滑ってしまった 。🤭



…… 。




元太 「 … ?? あなた ?? 」
あ 『 え ? 』
元太 「 何 ニヤニヤ してんの ?? 」
あ 『 は 、 ‼︎   別 に してないし ‼︎ 』
元太 「 え 〜 まあ いいから 帰ろ ? 」
あ 『 お 、お 、おん www 』




Next …



作者 。
作者 。
え 〜 終わり方 びみょ 。
なんか ごめんなさい 、🙇🏻‍♀️
この 作品 面白いですかね ⁇ 🤧🤧
感想 くださ 〜 い ‼︎