無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

#32【ジュンside】










言うべきか迷った









言ってしまったら









多分今まで通り接することはできない









そう思った









でも









どうして僕は自分を止められないんだろう























ミンハオの拍子抜けした顔















あぁやっちゃった、、









ごめんね、ミンハオ














やっぱり僕は


























この気持ちに蓋をしたくないんだ









だから






























許してね









𝑛𝑒𝑥𝑡