無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

#30【ミンハオside】















チャニがあなたと僕がタメ口で話してることに気づいて声を上げた














そしたら流れでみんなタメ口で話すことに


















あぁ僕だけの特権だったのにな
















こんな気持ちが顔に出てしまっていたみたいで









あなたに心配そうな目で見られてしまった














今日はついてないな















さっきのジュニヒョンの話も....
















𝑛𝑒𝑥𝑡