無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#7【ミンハオside】




あなたさんが辞める









そう聞いた時









一瞬時が止まったみたいに感じた









お願い









嘘であってくれ









そう強く思った









でもメンタルケアとして働くって聞いた時









今までこわばっていた体の力が抜けて









ソファに座り込んでしまった









ジュン
ジュン
ん?大丈夫?
THE8
THE8
だ、大丈夫です
THE8
THE8
ちょっと力が抜けただけです
ジュン
ジュン
本当に?
THE8
THE8
は、はい




気をつけてね~って言いながら









ジュニヒョンは









みんなの会話の中に入って行った









ジュニヒョンならこの気持ち









わかってくれるかな









𝑛𝑒𝑥𝑡




_________________________

皆さん初めまして

作者の紗弥さやです

数多くある作品の中からこの作品を見てくださりありがとうございます🙇🏻‍♀️
私自身まだCarat歴半年ちょっとで、メンバー内での呼び方など把握しきれてないので、もし間違えていることがあったらコメントで教えてください🙇🏻‍♀️🙌