無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

#17





そう声が聞こえて









顔をあげると









you
you
み、ミンハオさんっ
THE8
THE8
荷物重いですよね?
THE8
THE8
運ぶの手伝います
you
you
あ、ありがとうございます






ミンハオさん気が利くな









you
you
ここの部屋ですッ
you
you
わざわざありがとうございました
THE8
THE8
420号室なんですね
THE8
THE8
意外と離れた部屋ですね?
you
you
皆さんと近いと
サセンに見られたり
プライベート邪魔しちゃうと思って...!!
THE8
THE8
あぁなるほど
THE8
THE8
相談来れるように
メンバーに部屋の番号
伝えておきます





そう言ってミンハオさんは









爽やかな笑顔を残して









自分の部屋へと帰っていった






















なんだろうこの気持ち









嬉しいけどミンハオさんの背中見てると









寂しくなってきて行かないでって思っちゃう









親切にしてもらったから??









"恋"なんかじゃないよね??












𝑛𝑒𝑥𝑡