無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

風邪にはお気を付けて。①
No.Side

夜中の2時

あなたは暑さで全く寝れなかった

「はぁ…っ…」

ベッドの中で何回も寝返りを打つけど一向に寝れる気配はない

明日は午前中から仕事

早く寝ないといけないのに。

早く寝ないと起きれないのに。

そう思うのに寝れないあなた

今日は最悪だ。なんて思いながらゆっくり目を閉じた





Prrrrrrr

Prrrrrrr

Prrrr

Pi

「もしもし…」

マネ「もしもしじゃねぇ!
今何時だと思ってんだよ!」

朝、電話が鳴り出ると激怒してるマネージャー

時間を確認すると集合時間の30分後だった

「…悪い…」

マネ「今から迎えに行くから準備してろ!!」

ブチッ

終始荒ぶってたマネージャーとの電話を切り(いや、切られた)、だるい身体を動かし始めるあなた

「はぁ…
しんど…」

この時あなたは気付いていた

熱があること。

そしてかなり高いこと。

でも仕事は休みたくない。

そんな思いで支度を始めた。

そして10分後お怒りのマネージャーが来て仕事場に行った






「悪い
遅くなった」

勝利「大丈夫だよ〜」

聡「珍しいね。
寝坊?」

「まぁそんなとこ
今日何?」

みんなに気付かれないようにいつも通り接するあなた

一人を除いては大丈夫なんだが、ある1人はずっとあなたを見っぱなし

耐えられなくなったあなたはトレイに行くと嘘をつき楽屋から離れた。


「はぁ…っ…」

壁に手を付き息を整える

今日は雑誌の撮影&取材

そのあとは____

?「おい」

「うわっ…」

声のする方を向くと風磨の姿が

風磨とあなたは付き合って2ヶ月弱

風磨は勘が良いから離れたかったのに。

風磨「あのさぁ」

「あー、俺メイクだわ
じゃ先行くな」

気づかれないように。気づかれないように。

あなたはそれしか考えてない。

だからそんなあなたを放っておく風磨。

この2人は独特のカップルなんだ。

今回はそんな2人のお話。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る