無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

健マリのご飯
ボクと健人君

今2人でご飯

健人君なんでもお見通し

いつも頼ってばっかり

健人「って思ってるでしょ?」

マリ「えっ…?」

健人「顔に出てる」

マリ「あ…笑」

健人「で、何があったの?」

マリ「…ラジオやる前に収録があったんだけどさ、共演者さんとのトークで受け答えがうまく出来なくてさ…終わったあとに共演者の方々は大丈夫!次はいけるよ!って言ってくださったんだけど、スタッフさん達は、ちゃんとやれよとか、ジャニーズだからって調子乗んなとか…色々影で言われて…」

健人「うんうん」

マリ「ボクだって一生懸命受け答え頑張ってるんだけど、中々上手くいかないから、行き詰まったって言うか、なんて言うか…」

健人「そっかそっか
マリウスはさ、どうしたい?」

マリ「えっ?」

健人「マリウスは、受け答えを上手くなりたいんだよね?」

マリ「うんっ…」

健人「だったら…」

そこから健人君は真剣に、1から丁寧にどうすればいいか教えてくれた

自分のことで精一杯だと思うのにこんなちっぽけな悩みも聞いてくれる

そんな健人君と同じグループでよかった
そんな健人君が先輩でよかった

ボクは幸せ者だな

そして、黙ってお金を払ってくれる健人君

いつもありがとう

健人「元気出た?
いつものマリウスに戻んねぇと風磨や聡、勝利が心配するよ?」

マリ「ボク元気出た!
いつものマリウスだよ!」

健人「よしっ!なら良かった!
じゃ、帰ろっか!」

マリ「うん!」

ほんと、ありがとう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る