無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

風磨Side
診察室みたいな所で勝利の状態を聞いたあと俺らも病室へ向かった

そして、マネージャーと合流した

俺らはドアを開けて3人に勝利の状態を説明した

「勝利のキズはそこまで深くなかったから心配することはねぇってよ
それと、1週間は入院する事が決まったから。
その間勝利は仕事は無理。それとライブの練習もな」

あなた「1週間…」

あなたがボソッと呟いたけど気にせず話す

「勝利がいない間は俺らで頑張るしかない」

健人「勝利も明日には目を覚ますって言ってたから心配は本当にしなくて大丈夫」

聡「そっか…
明日には目を覚ますんだ…良かった…」

マリウス「勝利君1週間入院って聞いたらなんて思うんだろう…」

「勝利が
申し訳ないな
って思わねぇ様に俺らで頑張るぞ」

聡マリ「うん…!」

松島とマリウスは少し元気は出たみたいけど、あなたは一向に下を向いたまま

マネ「風磨から聞いた
けどあなた、お前俺らにちゃんと話せ」

あなた「…」

「おい」

健人「今はやめませんか?
明日には勝利目を覚ますし、明日俺らオフだからここに集まって話してもらえばいいじゃないですか?」

マネ「それもそうだな」

あなた「わかった…」

健人「ん
じゃあ今日は解散!
勝利もこんな人数いたらゆっくり休めないでしょ?」

あなた「俺、ここにいる」

「タメだ
1回帰れ」

あなた「…嫌だ…
勝利が目覚ますまでいる
家だってあんな状況なんだから…」

「勝利が目を覚ました時にお前が元気無かったから心配すんだろ
今日は俺ん家に、泊まればいいよ」

あなた「でも…!」

「でもじゃない
今日は帰る」

俺は嫌がるあなたを無理やり引っ張って外に出させた

他のメンバーもマネージャーも家に帰った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る