無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

番外編!
ピンポーン

勝利「来た!」

「マリウスいけ」

マリウス「うん!」

ガチャ

風磨「なぁ、何?」

マリウス「やっほー!風磨くん!
早く遊ぼー?」

風磨「は?遊ぶ?
え?なになに?」

風磨は何も知らない

そしてマリウスによってドンドンとリビングに近づいてきている

ガチャ

パパーん!!

風磨「うおっ」

風磨以外「お誕生日おめでとう〜!」

風磨「サプライズか〜!
ありがとう笑」

健人「飾り付けは勝利と姫
ご飯は聡とマリウス
んで、プレゼントは…はい!」

風磨「あ、マジ?
開けていい?」

聡「もちろん!」

ガサゴソ

風磨「うぉ〜
スピーカー?」

勝利「この前楽屋でボソッとスピーカー欲しいな〜って言ってたでしょ?」

風磨「うん笑
これは嬉しいわ
サンキュー」

健人「いいえ!
じゃあもうご飯食べよっか!」

風磨「何があんの?」

聡「角煮とピザ…お肉!」

「ジャンルバラバラじゃね」

聡「風磨君の好物は入れようと思ってw」

風磨「うまいならいいよ
さ、食べるぞ〜」

俺らは聡マリが作ったご飯を全部食べた

マリウス「聡ちゃん!」

聡「あ、そうだ!」

健人「おー、なんだなんだ」

パチッ

風磨「え?停電?」

〜♪

音楽と共に出てきたのは風磨の誕生日ケーキ

聡マリ「Ha Ha Ha Happiness…
Ba Ba Ba Birthday…
HappyなBirthday…」

風磨「おぉーww」

聡「風磨君!
いつも僕のワガママ聞いてくれてありがとう!」

マリウス「ボク達に風磨君はお兄ちゃんです!」

勝利「いつも俺らのこと気にかけてくれるところ大好きです!」

「いろいろ、教えてくれて、ありがとう」

健人「これからも、俺らSexy Zoneを引っ張って行ってくれよ?」

マリウス「じゃ、いくよ〜?
せーのっ!」

風磨以外「風磨!/風磨君!
HappyBirthday!!」

その掛け声と共に風磨はロウソクを吹き消した

風磨「ふぅー!」

健人「いえーい!!」

勝利「おめでとーう!」

パチッ

マリウスが電気を付け、みんなで拍手など送った

風磨「23にもなってこんなサプライズが来るとは思わなかったから楽しかったw
ケーキも美味そうだし、最高の誕生日になった

ありがとう
そしてこれからもよろしく」

風磨以外「よろしくー!」

「さ、ケーキ食べよ」

風磨「おう、食べよ」

俺らの誕生日会はこれにて終了〜




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る