無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

少クラ4
風磨Side

俺が楽屋に入ると勝利とまっしまは硬直状態

何してんだか…

勝利に理由聞くとまだケンカしてるらしい

そんなさー、曲決めでケンカがここまで長引くってすごいと思うよ!?

「なぁ二人ともまだケンカしてんの?」

勝利「け、ケンカ…?」

あなた「…」

健人「…」

「二人ともなんか言えよ」

健人「…俺悪くないし
一緒に考えてくれないあなたが悪いんだもん」

あなた「はぁ…」

この2人めんどくね?笑

年下ヤベーよ
顔が

「俺出て行く前に言ったじゃん
2人で決めろよって
案は出したの?」

健人「出てない」

「…あなたはなんか歌いたいやつねーの?」

あなた「別に…
候補がないから健人が出したやつの中から選べばいいかなーって」

健人「じゃあそれを先に言ってよ!」

あなた「だって健人が
何歌うー?何歌うー?ってうるさかっし」

健人「でもさ、自分の意見言えたじゃん!
あなたはなんでもいい!しか言ってないし!」

マリウス「えー!そんなことでケンカしてたの!?」

はい、マリウスー
空気読め?

今この状況でよくそれが言えたな

まぁ、誰もが思ってる事だろうけど…笑

健人「そんなことって…」

マリウス「だってそうじゃない?
曲決めるだけだよ!?
それに自分たちの好きな歌でいいんでしょー?」

あなた「まぁ…」

マリウス「だったら、2人の好きな曲を1曲候補で出して!」

健人「え、今!?」

マリウス「うん!」

勝利「ふ、風磨くん…」(小声

風磨「なんだよ…」(小声

聡「なんかマリが仕切ってきたけど…」(小声

風磨「あいつなりの考えがあんだろ…
今は見守っておこーぜ」(小声

健人「1曲か〜…」

あなた「俺嵐さんのStill…」

健人「…どんな曲…?」

あなた「は?知らないの?」

健人「ごめん、聞いたことないや…」

あなた「ふーん
じゃあ健人は?」

健人「俺!?
え、だから…俺はー…」

あなた「早くして
1曲なんだからさ」

おぉ〜
なんかいい感じになってきたけどな〜

このまま続くといいけど

健人「言っていいの?」

あなた「当たり前じゃん」

健人「…姫のソロ曲一緒に歌いたい…な〜…って…」

健人以外「は?」

健人「え、全員で合わせる?そこ」

風磨予想外

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る