無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

健マリのラジオ
マリウスSide

今日は健人君とラジオの収録

元気…出さないと…!


健人「みなさんこんばんは!
Sexy Zoneの中島健人です!」

「こんばんは
マリウス葉でーす」

健人「え、何を今日テンション低くない?」

「マリウス葉でーす!…笑」

健人「え、うん、え?どうした?笑」

「んー?」

健人「え、んー?、じゃなくて笑
今日どうしたの?」

「いつも通りだよ?」

健人「え、どこが?笑
何かあったの?」

健人君って本当に鋭いよね

ボク隠し通せるかな…

「…メール行きましょうかね…!」

健人「え、今!?」

「ふふ笑
長崎県から!サメが好きな女子さんから頂きました〜ありがとうございマリウスー」

健人「ま、マリウスー」

「まりちゃん、健人くんこんばんにゃん!
私は今看護師を目指しています!」

健人「おぉー、ナースだナース」

「色々行き詰まっていてなれるか心配です…
マリちゃんや、健人君は行き詰まった時はどうしてますか?
もし良ければ教えて欲しいです!
とのことでーす」

これはボクが教えて欲しいよ…

健人「ほほー
マリウスは?」

「ボク〜?
ボクはね〜…」

健人「うんうん」

「ん〜…笑」

健人「ないの?笑」

「ない、わけでもないけど〜…」

健人「なんだよー笑」

「…わかんない!……笑」

健人「わかんないか!
そっかそっか!笑」

「うんっ…!
そーゆー健人君は?」

健人「俺はね〜」

「うんうん」

健人「内緒っ♡」

「えー!笑
それ答えになってないよ〜」

健人「だって人それぞれじゃん?w
だから、サメが好きな女子さんも自分なりに解決法を考えた方がいいよ!」

「えーじゃあなんか、アドバイスしてあげよう?」

健人「そうだね!
例え行き詰まった時でも、自分が本当になりたい!と思えば絶対乗り越えられるから、自分の答えをしっかり出して行けば、いいと思うよ!」

「はい、ありがとうございます!笑」

健人「う、うん!w」

「いろいろケンティーに話してもらいましたね〜」

健人「お前何もしてねーのな!w」

「ふふ笑
こんなことをしているうちに時間だってー」

健人「早いね!?」

「では、Sexy Zoneのマリウス葉と」

健人「中島健人でした」

二人「ばいばーい!」

終了〜

健人「今日のマリウス変だね」

「え?」

健人「何かあったんでしょ?」

「っ…」

健人「飯行こっか」

「…うん…」

やっぱり健人君にはかなわないな…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る