無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

近況報告!
ラジオ

「夏姫原あなたと」

風磨「菊池風磨の」

2人「Qrzone」

〜♪

「さぁ始まりましたSexy ZoneのQrzone
今夜の相手は夏姫原と」

風磨「菊池でーす」

「お願いしま〜す」

風磨「しまーす」

「じゃあ早速ですがメール行きます」

風磨「うい」

「ラジオネームまっちゃんから頂きました」

風磨「え、本物?」

「んー、静岡って書いてある」

風磨「あ、まっしまなの?マジの?」

「さー?
まっちゃんって自分で言う?」

風磨「ラジオネームだから」

「あー、まぁ後でねこれは
風磨君!あなた君!こんばんは!…」

風磨「え、まっしまじゃね笑」

「それ思った
ボクはSexy Zoneが好きな20歳です!」

風磨「あいつさ、バレバレなんだけど
もっと隠すとかないの」

「まぁいいじゃん笑
えーっと?、ボクは疑問に思うことがあって、それを質問したいので、答えてください!」

風磨「えー、個人で聞いてくださーい
はい、次」

「え、嘘最後まで読んであげようよ」

風磨「どうせくっだらないことだろ?」

「わかんないよー?
とりま読むね
質問というのは、あなた君と風磨君は2人になった時何を話すんですか?
ボクのイメージは話さないってイメージです!
これから、ボクも頑張るのでSexy Zoneのみなさんも頑張ってください!
…だそうです」

風磨「まっしまってほんとにバカだよなー」

「ねー、そーゆー所が可愛いけど」

風磨「ねー
で、何」

「だから、2人になったら何を話しますかっていう」

風磨「あー、別に大したこと話さないよ…ね?」

「うーん…
まず2人になることがないからなー」

風磨「絶対中島が2人にさせてくれない」

「ほんと
健人マジジェラ男」

風磨「ね!
中島さんは俺に対抗意識を持ってるのかな?笑」

「だとしたら俺は被害者かな?笑」

風磨「俺巻き込まれ者?笑」

「さーw
まぁでも二人きりになった時は、まぁお互い好きなことをやってますね」

風磨「うんうん
わかった?まっしま」

「聡わかった?
てか、こんなくだらないことを送ってくるな笑」

風磨「メンバーなんだから直で聞け」

「はーいって言うことてメール終わりでーす…笑」

風磨「一通だけとか、やべーだろ」

「誰のせいだよ」

風磨「まっしま」

「あとでLINEしときマース」

風磨「お願いしマース」

「じゃ、そーゆーわけで…ってわけにも行かなくて、」

風磨「俺らの近況報告をしないとな」

「それ
風磨はなんかあった?」

風磨「俺?
俺ね、買い物した」

「おぉなんの?」

風磨「ただただ服を見て回るって言う笑」

「大胆だね
なんか買った?」

風磨「買いましたね
あのー、ネックレスを」

「おぉー
服じゃないって言うね」

風磨「そーなんだよね
服目当てで行ったんだけど中々思うものがなくて」

「へー」

風磨「うん
あなたは?」

「俺は健人と一緒に飯行った」

風磨「え、マジ?」

「まじまじ
なんか、すげー美味しかったw」

風磨「へー、中島さんもいいことするね」

「いい事なのか?笑」

風磨「じゃあこのあと俺と飯いこうよ」

「あ、いいよ」

風磨「よし決まりだな
さ、という訳で今日のQrzoneはここまで!」

「明日はどんな話題が出るのか」

風磨「お楽しみに!」

「ここまでのお相手はSexy Zoneの夏姫原あなたと」

風磨「菊池風磨でした」

二人「ばいばーい」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る