無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

激甘ふまけん
中島にリクエストされて作ったオムライス

今目の前でモグモグ

リスみたく食べてるよ

健人「っやっぱ、菊池の作ったオムライス最っ高だね!!」


「あ、ありがとう笑」

中島は食べてる間ずっと、これどーやんの?俺作るとふわふわになんないんだよなぁ…とか色々言いながら少し多めのオムライスを完食した

すっげー食欲だな…

「満腹になった?」

健人「うん!
ありがとう!ごちそうさま」

「それは良かった
片付けるから貸して」

健人「やったー
ありがとー」

中島の無気力な言葉を無視して俺は2人分の皿を片付ける

その間中島はずっと俺を見てる

こうするって時は何か言いたい時

何が言いたいんだろうか。

「なんだよ」

健人「午後、何する?」

そんなことかい…

なんかもっと凄いこと想像したのに

「俺大本読む」

健人「えぇっ!?また!?」

「いや、またって言われても」

健人「あ、あぁ…ごめん…」

「いや…」

健人「…俺部屋にいるわ
なんかあったら呼んで?」

そう言って俺の横を通り部屋に行った中島

…悪いことしたわ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る