無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第49話

風邪にはお気を付けて。②
あなたSide

風磨のことを交わしてメイク室に

幸い俺は顔色が悪くならない人だからそこら辺は大丈夫。

メイクさん「あなた君今日体温高くない?」

「そうっすか?
まぁ、寝起きなんで…笑」

いつも通り話しながら終えるメイク

はぁ…
次は撮影か…


カメラマン「今日は『風邪をひいてる彼氏』をテーマにするからみんな頑張ってー笑」

うわ、今の俺にぴったりなテーマだわ

勝利「あなたの苦手なテーマだ」

「はっ…
うるさ
俺もその気になれば行けるし」

健人「さ、頑張ろー!」

呑気なやつだなおい。

「はぁっ…」

風磨「…」

みんなで冷えピタ貼っていいつもみたいに横並びに

あーーー…なんで隣が風磨なんだよ…

パシャパシャ撮っていく中、照明がどんどん強くなって俺は少し汗をかいてきた

体温が高いっていうのもあるけど、とにかく照明が熱い…

あー。
耐えられるかわからないんだけど…

カメラマン「はい、OK
一旦休憩!
あ、でも健人くんからソロカット撮るから順番ななったら来てね〜」

全員「了解です〜」

マリ「聡ちゃんごはんたーべよ!」

聡「いいよ〜!」

勝利「風邪引いた彼氏がテーマか…
ねぇあなたこのテーマどう思う?」

「…はぁ?」

勝利「いや、いいや
あなたさ、なんで汗かいてんの?笑」

「暑いんだよ…ばか」

勝利「うわ〜…
バカって言われた…
もういいし。
けんとくーん」

健人「俺撮影中だわ笑
取材受けてこーい」

勝利「はーいーー!」

あいつ大丈夫なの?

勝利も風邪ひいてんじゃね?笑

って、こんなことしてる場合じゃないんだよな…

はぁ…
横になりたい

「あ、

ねぇ、ここのベッドって使っていいの?」

スタッフ「はい!どうぞ!」

「ありがと」

セットにあるベッドに寝っ転がる

まぁ使ってないから大丈夫なんだとか?

あー…楽だ…

風磨「あなた」

「…」

やばい…
風磨来ちゃった…

風磨「あのさ、熱あんなら言えよ」

「やめろ
ここで言うな」

風磨「誰も聞いてねぇから
どんくらいあんの」

「計ってねぇし」

風磨「今日遅れたの熱が原因なの?」

「昨日の夜全く寝れなかったの」

風磨「はあ…
今日休めばよかっただろ」

「バガじゃねぇの
休めるわけねぇだろ」

風磨「なんで
今日そんな大事な仕事あった?」

「無いけどさ」

風磨「だよな?
このあとラジオの収録だろ?」

「そう
もう、いいよあっちいって」

風磨「このまま写真撮られてろ」

風磨はそう言ってどっかに消えた

はぁ…
もう、なんでこうなるんだよ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る