無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

勝利Side
マネージャーから声をかけられたあと俺はあなたに声をかけた

「あなた!」

あなた「わっ!?」

肩を軽く叩いただけなのにすごい驚き

メンバーもそこにいたスタッフさんも全員驚いてる

「ご、ごめん…
脅かしちゃった?」

あなた「なんだ、勝利か…
ビックリさせんなよ…」(ボソッ

「ごめん…」

あなたは小声で言ったけど俺聞こえちゃった☆

あなた「こっちこそごめん…
で、何?」

「あ、そうそう!
このあと暇?」

あなた「え、あー…」

何かを考えるように目線を逸らした

そして

あなた「今日は、家帰らないと…」

悲しいような怒ったような顔をして言った

「そっか…」

あなた「ごめんね…
じゃあこれで」

「あ、うん」

メンバー「じゃあなー」

本当に絶対何かあったでしょ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る