無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

少クラ2
健人Side

俺ね、姫とコンビで歌えることすごい嬉しいの

なのにさぁ、姫は俺と歌いたくなさそうだし…

今だって曲決めないといけないのに雰囲気悪いし…

はぁ…

もう、どうしよ…

ガチャ

勝利「おなかす…」

聡「どうしたの勝利?」

ガチャ

勝利「…もうちょっと外にいよっか!」

勝利俺らの雰囲気見てケンカしてるってわかったのかな

外で2人の声聞こえる…

もー、姫1回怒ったら口聞いてくれるまで時間かかるんだよなぁ…

まぁ、何もしない訳にはいかないし…

勝利「あ、ちょ!!マリウスまっ…」

ガチャ!

マリウス「何してるのー!?」

勝利「こら!マリウス!」

聡「こ、この空気には入っちゃダメだね…」

勝利「だから言ったじゃん!」

あなた「いいよ
俺らがこんな空気出してんのが悪いんだから
いればいいじゃん」

マリウス「ほんと!
ボクね〜、ここに置いてあったマカロン食べに来たんだ〜!」

「マカロン?
ないけど…」

マリウス「えっ!?
あれ!?置いてあったのに〜!」

あなた「風磨じゃない?
岸んとこ行くって言ってたし」

「風磨マカロンなんか、持って行ってた?」

あなた「知らね」

「…」

冷たい…

ねぇ、でもさ、これって俺が悪いの?

よく考えたら一緒に考えてくれない姫が悪くない?

俺悪いことしてなくない?

勝利「マリウス〜マカロンなんてなかったよ〜」

マリウス「えー!!あったよー!」

聡「誰か持って行ったんだよ!うん!そうだそうだ!」

勝利「そうゆうことにして俺らはまたあっち行こっか!」

聡「そ、そうだね!」

あなた「もうすぐリハだから」

「ここにいた方がいいと思うよ」

勝利「そ、そうだね〜…
あは、あはは…」

聡「ちょっと勝利
どーすんの…」(小声

勝利「お、俺だってどうすればいいかわかんないよ!」(小声

おーい
二人とも聞こえてるよ笑

とりあえずこの空気どうにかしなきゃ…!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る