無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

ふまけん〜inホテル〜
風磨サイド

中島の中が熱すぎて、気持ちよすぎて

俺は中島がイっても何回も繰り返した

その結果、

中島は意識を飛ばした

ヤリすぎ?

でも相手も気持ちよさそうだったし。

それに媚薬だろ?

最高のシチュエーションじゃない。

健人「〜…」

意識を飛ばした中島は隣で目を覚ました

そして、腰が痛いんだろう。

健人「なんで…
俺、昨日おかしかった…」

「だろうな」

健人「…昨日感度良すぎ」

「…まぁな」

健人「はぁ…
媚薬でも飲んだのかと思った…」

「その通り」

健人「え?」

「お前が飲んだやつ多分媚薬」

健人「…嘘だよ…
ないない!だって、!」

「だってじゃない
昨日の中島はバリバリ媚薬飲んでた」

健人「…そ、んな…」

「ショック受けてんな
良かったな。俺が相手で」

健人「…うん
勝利とかだったら大変だった…」

「ふは笑
あいつは俺より酷いかもな笑」

健人「うぅ〜…
腰痛い…」

「まだ時間あるし寝てな
そん時起こすよ」

健人「…わかった」

中島は文字通り直ぐに目を閉じてまた夢の世界に旅だった

俺はその間風呂。

…うん。

媚薬あげた人に感謝しないと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る