無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

あなたSide
今日は勝利と雑誌の撮影

いつも通り撮影をし、インタビューをした

まぁ、それなりに、2人で答えて仕事を終えた

勝利「あなたこのあと何かある?」

「ない」

勝利「仕事ない?」

「ない」

勝利「ご飯食べに行く?」

「いかない
帰る」

勝利「じゃああなたの家でご飯食べよー」

「なんでそうなる」

勝利「あなたの家行きたいからさ
久しぶりに」

「無理」

勝利「いいじゃん」

「やだ」

俺は帰る支度をして楽屋を出た

勝利は
あー!待って!
とは言ったものの追っかけては来なかった

そしてタクシーを拾うため大通りに出た

勝利「あなた〜!」

後ろから声が聞こえ、向くと走っている勝利の姿

さすが元陸部部長

はやい

「なに
ついてくんなよ」

勝利「帰る方向同じじゃん!
あなたの家行きたーい!」

「やだやだ」

勝利「お腹空いた」

「知らない」

勝利「健人君ならご飯作ってくれる」

「俺は健人じゃない」

勝利「風磨君ならご飯連れてってくれる」

「俺は風磨じゃない」

勝利「聡なら一緒にご飯食べてくれる」

「俺は聡じゃない」

勝利「マリウスなら…」

「なに」

勝利「マリウスなら…お菓子くれる!」

「はぁ…
勝利って子供なんだな」

勝利「なっ!」

少し怒ったような顔をした勝利を置いて俺は歩き出さた

もう、タクシーいいや

勝利「ねぇー
なんでそんなに冷たいの」

「冷たくない
お前がしつこいんだ」

勝利「俺だけじゃないよね?」

「風磨以外しつこい」

勝利「メンバー嫌い?」

「嫌いじゃない」

勝利「じゃあ好き?」

「勝利、お前は俺に何を言わせたい」

勝利「…別に?」

「あっそ」

勝利「ねぇ、ご飯」

「もー、うるさい」

勝利「やった♪
作ってくれるんだ」

「そんなこと一言も言ってない」

勝利「でも今諦めかけたでしょ?」

「…うん…」

勝利「今回は俺の勝ちだね♪
さ、あなたの家に行こー!」

「うるさい」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すずめ
すずめ
中学三年生という設定が大好きな人 作品に中学三年生が多くなるのはそのせいだ…
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る