無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

* 14 *
あなた達が敬語で話している為、なもっと仲良くなるため、マリがいいこと思いついた



マリ「ねぇ、あなたちゃん達、敬語じゃなくてタメで話そうよ!」




中島「マリウス!いいこと言うじゃん笑」




佐藤「確かに!そっちの方が話しやすいしね」



真由「んじゃ、タメで話すね!」



あなた「はーい⸜( ॑꒳ ॑ )⸝」



みんなとはタメ口で話すことになった



  菊池はあなたに声掛けた



菊池「なぁ、、」



あなた「ん?なに?菊池くん」



菊池「お前このと、あなたって呼んでもいいか?」



自分の下の名前呼ばれた瞬間……キュンとした。



あなた「あ……うん!いいよ!」




菊池「俺の事、風磨って読んで欲しい」





あなた「えっw 何か下の名前で呼ぶの勇気いるな〜((照」




何?!あなた照れてない??まじ可愛んだけど


抱きしめたい……)))おぃ←




菊池「ま、慣れるまでな フッ 」





あなた「多分、一緒菊池くんって言いそう笑」



菊池「それは許せねぇなーw」




あなた「なんでよ〜呼んでるんだからいいじゃん」 ムスッ




松島「あーあ、風磨くんあなたちゃんいじけちゃったよ」



「あなたちゃん大丈夫?? ヨシヨシ」




あなた「ねぇ、松島くんの事、聡ちゃんって呼んでもいい??」

「マリウスくんのことマリちゃんつわて呼んでもいい??」


松島「うん!いいよ!」

マリ「めっちゃ嬉しい~!!」



あなた「よろしくね笑」



あなたが聡ちゃん、マリちゃん呼びする事になり風磨くんが嫉妬をしいじけてしまった





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

* タ マ コ *
* タ マ コ *
King&Prince・Sexy zone
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る