無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

* 4 *
真由がいないから寂しいな~





あなた「よしっ、頑張ろう〜」((ボソッ…








カランカラン))))))店のドアが開く









あなた「いらっしゃい…ま…せ…」

(あれ、昨日来た男の人…今日は1人なんだ)









そぅ、菊池が今日は一人で来たのだ。





菊池「カプチーノ」






あなた「あ、はい。 〇〇円になります」






ちょうど頂いたのでレシートを渡す。







あなた「お好きなお席でお待ちください。」




昨日と同じ席に座った。





彼女の事が少し気になっているのだ




カランカラン)))))🚪ドアか開く




あなた「いらっしゃい…ませ」




お客さん「お姉さん〜いつもの〜」






そ、この人は常連さんなんだが、とても怪しい人…








珈琲を作っている目の前で毎回視線を感じる




怖くて仕方ない…





(早くバイト終わらないかな〜)




その様子を見ていた菊池が気づいた


菊池(ん???何かヤバくないか??)





あなた「お待たせしました。カプチーノです」









菊池「あ、あぁ 。」





あなた「今日はお一人なんですね ニコッ」

「ごゆっくりどうぞ ニコッ」





よしっ、今だ俺っっっっ!!声かけるんだ

菊池「あ、あの、何時に終わるんすっか、バイト」








あなた「私ですか?えーと、今日は18時に終わります。」






え、私、このチャライケメンに声かけられた??








でも、何かホットした私。
菊池「あ、あの、お話しませんか?この後」




あなた「あ、はい!」





菊池「んじゃ、終わるの待ってます。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

* タ マ コ *
* タ マ コ *
King&Prince・Sexy zone
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る