無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

* 18 *
夕方……Cafeでの仕事帰り……






真由「あなた何か顔色悪くない?」






あなた「んー?そうかなー?ま、体はだる重いんだよね」






真由「風邪ひいたんじゃない?最近休み無く忙しかったじゃん?」






あなた「そうかなー?風邪じゃなくて疲れだと思うんだけどな」


「明日には治るよ!今日は早く寝るよ!」







真由「それならいんだけど……無理しないでね、」







あなた「うん?ありがとう。」








次の日。











ゴホッン …… ゴホッン……





(ん〜なんかしんどい…気のせいかな?)





あなた「(まゆの言ってた通り風邪かな?薬飲んで行こう)」









真由「あなたおはよ。昨日よりか酷くなってない?大丈夫?」






あなた「……笑 何か風邪ひいちゃったかも?薬飲んでるから大丈夫!」








真由「めっちゃ辛そうなんだけど…休めばよかったのに」






あなた「大丈夫だって… ゴホッ……」




真由「無理しないでね……体の方が大事だから!」







あなた「ありがとう。限界きたら事務所で寝とくよ」






あと2日したら風磨くんとのお出かけ




あなた「(ん、やっぱりクラクラするから早退しよ)」



あなた「真由〜」





真由「顔赤いよ?!帰って寝た方がいいって!!」





あなた「うん……そうする。店長にはさっき言ってきた。。」





真由「そっか!終わったらあなたの家に行くから欲しいものあったらLINEして!」










帰って熱測ると38.0℃……



あなた「ん…ん?! 38.0?? 寝よ」









仕事終わりに真由が水分とかゼリーとか色々と持ってきてくれた





あなたは次の日も熱が下がらなく仕事も休んだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

* タ マ コ *
* タ マ コ *
King&Prince・Sexy zone
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る