無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

北人side







ライブに行った日から、1年がたった。


あのあと、EXILEから手紙が届いたりして、
本当にビックリだったし嬉しかった。

絶対に病気に勝ってね
とか、
ずっと応援してるよ
とか書いてあって、すごく勇気をもらえた。


そして、

今日から僕らは小学生だ!!


北人
北人
にーちゃん準備できたー??
壱馬
壱馬
うん!行こう!
壱馬くんのお母さんたちは
まだ単身赴任中で戻って来れないから、
病院内で勉強ができるところに
行くことになってる。

そこに行って勉強すれば、
小学校卒業したことになるんだって。

よし、入学式カッコよく決めよ!笑





… … …





亜嵐先生
亜嵐先生
今から入学式を始めます。
出席番号1番、川村壱馬くんっ
壱馬
壱馬
はいっ!
亜嵐先生
亜嵐先生
2番、吉野北人くんっ
北人
北人
はいぃっ!
涼太先生
涼太先生
これから一緒に頑張っていこうね。
楽しみながら勉強しようね。
かずほく
かずほく
はい!
亜嵐先生
亜嵐先生
起立!一度、礼!
無事に入学式が終わった。

小学1年生は、僕とかず兄の2人だけだった。


1年生のクラスは2人しかいないけど、
かず兄と卒業まで頑張ろう!!
亜嵐先生
亜嵐先生
これからは、朝ごはんを食べてから、
準備を持って9時までに部屋に来てね。
かずほく
かずほく
はーい
明日から授業頑張るぞー!