無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

壱馬side











あっという間に金曜日になった。


ヤバイ、ワクワクしすぎて
心臓もたないかも…笑





北人
北人
かずにぃ?どしたの?
壱馬
壱馬
えぇ??いやー、本当にEXILEに会えるんだよ?ヤバくない?笑
ワクワクしすぎて心臓飛び出そ😂
北人
北人
僕も、ちょーーワクワクしてる!笑



ガラガラガラ…




涼太先生
涼太先生
2人ともおはよ〜
かずほく
かずほく
おはよ〜
壱馬
壱馬
あれ?亜嵐先生は、?
涼太先生
涼太先生
あー、あのね、ライブの荷物を準備してくれてるんだ。
お昼頃に迎えに来てくれるよ。
壱馬
壱馬
そうなんだっ
涼太先生
涼太先生
んじゃあ、熱測ろっか。


ピピピピ、



壱馬
壱馬
36!
北人
北人
あれ、僕さんななだよ…?
涼太先生
涼太先生
37、?
壱馬
壱馬
…ぇ、ほっくん大丈夫?
頭痛いとかお腹痛いとかない?
北人
北人
いや、平気なんだけど、、、



微熱かぁ…


今日は特別な日なのに、、、
涼太先生
涼太先生
まぁ、亜嵐先生くるまで
ゆっくり休んでよっか。
ダルいところがないなら大丈夫っしょ。
北人
北人
うん、


そうして、お昼までは
部屋でおとなしく過ごした。










… … …










亜嵐先生
亜嵐先生
迎えに来たよ〜!
かずほく
かずほく
おっ!!
亜嵐先生
亜嵐先生
4人分のフラッグとタオル、
それと、Tシャツ買ってきたから
2人とも着替えて〜!
かずほく
かずほく
はーい!

Tシャツは、亜嵐先生が頼み込んで、

特別に子供用を2枚作ってもらったんだって。


もう感謝しかないですわ〜…笑





壱馬
壱馬
着替えた!
北人
北人
僕も!
亜嵐先生
亜嵐先生
じゃあ早速乗って乗って!
壱馬
壱馬
ヤバい緊張してきた…笑
北人
北人
もうすぐ会える…!!
涼太先生
涼太先生
北人くん大丈夫?
北人
北人
平気平気!
亜嵐先生
亜嵐先生
え?どうしたの?
涼太先生
涼太先生
あの実は、
朝熱測ったときに37度あって、、、
亜嵐先生
亜嵐先生
そーなの?
北人くん、もし具合悪くなったら先生でもいいし壱馬くんでもいいから伝えるんだよ?
北人
北人
うん分かった!
行こうよ!!
亜嵐先生
亜嵐先生
ぅ、うん!じゃあ
しゅっぱーつ!!
かずほく
かずほく
しんこーう!!!
涼太先生
涼太先生
笑笑
ここからドームまで、

車で2時間ぐらいかかるらしい。


亜嵐先生が車の中でEXILEの曲流してくれて、

俺らのテンションはどんどん高くなった。




あー楽しみっ!!