無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

壱馬side









アンコールで三代目が出てきて、

まさか来ると思ってなかったから
ビックリした。


曲の途中で、臣くんと目が合った。

そしたら笑顔で手振ってくれた…!!



えーーややややばばばばば!!笑笑

臣くんかっけぇ〜…🤩🤩







… … …









そうして、無事にライブが終わった。


壱馬
壱馬
ねぇヤバい、臣くん生で見るともっとカッコよかったし歌うまかったっグスッ
北人
北人
みんな歌上手だったしダンスも上手だったね!やっぱすごいね〜!🤩
亜嵐先生
亜嵐先生
壱馬くん感動泣きしてる笑
壱馬
壱馬
だってだって、一気に2つのグループに会えたんだよヤバいじゃーん、、グスッ
涼太先生
涼太先生
笑笑

って話してて、たくさんの人たちに
埋もれながら駐車場に向かった。



涼太先生
涼太先生
ねぇ北人くんは?
壱馬
壱馬
え?
…あれ、いない、、、
亜嵐先生
亜嵐先生
嘘だろ…
北人くーん!!!
涼太先生
涼太先生
北人くーんどこー!!!

どうしよ、ほっくんが
いなくなっちゃった、、、


涼太先生
涼太先生
俺、アナウンスしてもらえるようにお願いしてくるんで、亜嵐先生と壱馬くんは2人でいてください!
亜嵐先生
亜嵐先生
おぉわかった!
亜嵐先生
亜嵐先生
壱馬くん、はぐれないように
先生の手ずっと握っててね!
壱馬
壱馬
う、うん!
亜嵐先生が
「5歳ぐらいで細身の男の子
見かけませんでした?」
ってひたすらいろんな人に聞いても、

誰も見てないという。


小さいから、大人たちの間を
余裕ですり抜けられるからだろな、、、


もう本当にどこいったんだよ…








探し始めて1時間。


人がほとんどいなくなった。




壱馬
壱馬
ねぇ、手分けして探そ、?
亜嵐先生
亜嵐先生
えー、それはできないよ…
もし壱馬くんが変な人に
さらわれたりしたらどうするの?
壱馬
壱馬
俺は大丈夫だから!ほっくん見つけたらアメコの前集合にしよ!
亜嵐先生
亜嵐先生
大丈夫…?
壱馬
壱馬
俺は平気だから!早くほっくんを見つけてげないと、、、💦

そうして、手分けをして探した。


ひたすら探して30分。




壱馬
壱馬
ほっ、、くんっッハァ、ハァ、

走り回ったせいか、息が苦しくなってきた。

と、そのとき。


屋台の後ろ側に影が見えた。


近寄ってみると、

ほっくんだった。


ほっくんはずっとグズグズ泣いてて、
顔は涙と鼻水でグチョグチョだった。