無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

532
2019/06/08

第2話

#1
あなたside
おはようみんな!今は午前5時半ぐらい!(雑)
なんで私がこんなに早く起きてるかと言うとだな。みんながなかなか起きないからなんだよな。
あなた

起きてくださいオッパたちー!!!
もういつまで寝てんの!朝ごはん作って下さいよー!

え?自分で作れないのかって?
い、いやいやいや、そ、それくらいはできる、出来るよぉ?あのー、あれだよあれ。やっぱジニオッパに頼むのが1番だし。ね?ね?ね?
ジン
ジン
もー…たまには自分で作ってよ…そうじゃないと今度からごま油しか入れないよ
あなた

それはちょっと

ジン
ジン
じゃあおはようのポッポして💓
あなた

…は?

ジン
ジン
オッパ、あなたのポッポがないと起きられないの〜
あなた

黙れこのシスコン(╬^∀^)

ジン
ジン
もういいもん…
オッパからポッポしちゃうもんね💓(チュッ)
あなた

え?!?!何してんの?!?!/////

ジン
ジン
あー目覚めたわ。おはよう!今日も可愛いね!そして俺は今日もイケメンだn…
ユンギ
ユンギ
うるせえ…今何時だと思ってんの、まじ迷惑。
ジン
ジン
すんまそん
ユンギ
ユンギ
俺もっかい寝てくるわ、
あなた

えー朝ごはんー…

ユンギ
ユンギ
……しょーがないな、手伝うだけだよ
お?お?ユンギオッパが砂糖だ!寝ぼけてんのかな…笑
まぁいいや、とりあえず他のみんなも起こしに…
あ、もう起きてた←
ホソク
ホソク
んー、、、おはよ…朝から騒がしいね、いつものことだけど
RM
RM
また朝ごはん作ってーって言ってヒョンがシスコン発言して…っていうお決まりの流れでしょ
あなた

え、なんでわかったの?笑

RM
RM
だっていっつもおんなじやり取りしてるじゃん……‪wよく飽きないね‪w
ジン
ジン
まぁ俺の愛が強いからね?って、その話は置いといて朝ごはんでしょ?早く作んないと学校遅れるよ
あなた

最初の一言がなければ尊敬してたのに…残念だね、ジニオッパ

ジン
ジン
くそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!もういい!ご飯作らない!
RM
RM
またこれか…苦笑
ホソク
ホソク
ヒョン、早くご飯作ってくださいー
こうして今日も賑やかな8人の生活が始まったのであった…