無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

ダヒョン
テヒョンさんが?
テヒョン
え?え?え?
誤魔化すとこ可愛いよ?可愛いけどさ!?
ナムジュン
まぁ、僕は何となく笑
ダヒョン
え!?
ユンギ
……そりゃあな
ダヒョン
へ!?
ジン
お前ら気づいてたの!?
流石私の推し。鈍感なとこも可愛いなぁ!
ジョングク
…僕、普通に手握っちゃってた
うっわ、マンネ可愛いかよ!!!!!恥ずかしがってる?
ダヒョン
いや!ジョングクさん私死にましたよ!ヌナって呼んで欲しかったです!
ジョングク
いや、これじゃただの変態。
マネジャー
とりあえずお前は謝れ
って頭叩かれた。
ダヒョン
あの、すみませんでした。
夢の時間をありがとうございました。
無事に死にm…
ジョンヨン
そうじゃないでしょ!
ダヒョン
……これからはもうヲタクしません
ジン
ええ!何で!?
嬉しいのにぃぃ!!!!!
テヒョン
そうだよ!
ダヒョン
ほんとですか、?
BTS
うん!!!!!
ダヒョン
ありがとうございます!!!!!
これからもヲタクできる…………!!!!!
ホソク
ところで誰推し?
ダヒョン
あ、皆さん好きなんですけど…
最近は……ジンさんが……
ジン
え!?
やった〜!!!!!
ジミン
ダヒョンちゃん、ヒョンはやめといた方がいいよ
テヒョン
うん、ジミンに共感
サナ
ごめんなさい、そこは私も同じ意見
ジン
は!?みんな酷くない!?
ダヒョン
大丈夫ですよ、私はジンさんの良さ分かってるんで!てか皆さんの良さは私が分かってるのでいいんです!
BTS
うわぁ…
え、引いてるよね?
ナヨン
…ガチオタクじゃん笑