無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

荷物持って前に行って列に並ぶ。今のうちにアルバム開いとかなきゃ。


時々授賞式とか番組で一緒になるけど、それは仕事。今日はarmyとして来てるから緊張やばい。


私の前の人が進んでついに私。


最初はホソクさん。
ホソク
やっほー!
テンション高くて明るい…!イメージそのまんま!

笑顔なんだけど、すっごい不思議な顔してる。こんな格好してるから珍しいよね、分かる。
ダヒョン
…こんにちは
アルバムを差し出すとすぐにサインしてくれて。
ホソク
ダヒョン?
はい、死亡。名前呼ぶだけでこの破壊力。
ホソク
お顔見して?
ダヒョン
あ、えっとブスなので……
ホソク
えぇ〜!そう言って可愛いんでしょ!見して!
そう言って帽子を取ろうとしてくる。

いや、触れられるとか聞いてないんですけど!?

必死に避けると、
ホソク
じゃあ、手!!!!!
って言うからハイタッチかと思って手を出すとまさかの恋人つなぎ!!!!! 
ダヒョン
うはえぇ
ビックリしすぎてマヌケな声出しちゃった。
ホソクさん爆笑。

時間もないからポストイットを書いてくれた。


席に戻ってまとめて読もう。



あ!
ダヒョン
あの、これ……
ソンムルを渡した。まぁ、お菓子ですけど。
ホソク
お!ありがとう!!!!!
前の人が進んだから私も進まなきゃ。
ホソク
お顔見れなくて悲しい…
ダヒョン
うっ…ごめんなさい
ホソク
ふふっ、また会いに来てね!
じゃあね〜!!!!!
最後にまたハイタッチしてくれた。




まさに希望のJ-HOPEです