無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

お次はジミンさん。

ここではジミンちゃんと呼ばせていただきます。


ジミン
お、あんにょん〜☺️
糸目ジミンちゃん最高。
前の方のお花のかんむりを付けてて、もう、お嫁さんでした。結婚したいです。


そしてやっぱ気になるのは絶対目を見ない最低なこのヲタクの私ですよね。
ジミン
ん?
って顔を覗いてくるあたりあざとい。


そしてそれを必死に拒否する私、最低。


ごめんなさい、ジミンちゃん。


サインとポストイットを書いてる間、手で隠してる方の逆の手をテーブルの上に置いてたんだけど、書き終わった瞬間、手を握ってくれて。

ジミン
そっちの手は?
ダヒョン
あ、汗!汗凄いから大丈夫です!!!!!
ちょっと悲しそうな顔したジミンちゃん可愛すぎました。



こんな最低なファンにもニコニコと話しかけてくれるジミンちゃん。ほんとに申し訳なさすぎる……。

ソンムルも渡して次に行こうとした時、
ジミン
あ、待って!!!!!
そう言ってまたアルバムに何か書き始めたジミンちゃん。帽子が邪魔で見えなかった。
ジミン
じゃ、あんにょーん☺️



年上でこの可愛さは凄い。




天使でした。












*作者です!新しいの出したいです!!!!!
ごめんなさい!出させてください!!!!!
新しいのは高校生系出したいです。皆さんのお話見てて出してみたくなりました(チョロい)

男の子をリクエストして欲しいです!よろしくお願いします🙇‍♀️