無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

お次は黄金マンネこと、ジョングクさん。
来た瞬間からめっちゃ笑顔で可愛い。
ユンギさんから貰ったアルバムにサインとポストイットを書いてくれる。

もう、それを見てるだけでいいよ……。

ジョングク
ダヒョン?
何でそんなに顔見せないの?
ダヒョン
私ブスなので……
ジョングク
え、絶対それないでしょ!
髪だってサラサラ〜
私の髪を触ってくるジョングクさん。

この髪の毛一生洗えない(真顔)

ジョングク
顔見せろ〜
私の腕を剥がそうとしてくるジョングクさん。


ダヒョン
あ!!これ!
私は話をそらそうとバックからバナナキックを出した。ジョングクさんと言ったらこれでしょ!
ジョングク
え!バナナキック!!!!!
ありがとう!!!!!
何この笑顔。


リアルうさぎ。


そのままバナナキック開けて食べてくれた。


あげてよかったぁ。





今だけヌナになりたい、ヌナって呼ばれたい、ヌナって呼んで…………(無理)




時間が来たから行こうとしたら、
ジョングク
待って!
って言って、私の手をニギニギ(語彙力)


ジョングク
バイバーイ!!!!!


もう、死んでもいい……(チョロオタ)