無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

俺達にも! 〜一目惚れ〜
有岡side
[キーンコーンカーンコーン]
〜4限目〜
伊野尾「ほッほんとに出るの」


薮「好きな人にカッコイイ所見せてやれ」


伊野尾「だから、俺にはカッコイイ見せ場がないんだってばぁ」


濵田「ま〜出てみれば変わるかもやん!」


伊野尾「そーはならないと思うけど・・・・」



なーんて、喋りながらグランドに出てみれば・・・・・



1-1女子A「ねぇ」


1-1女子B「何?」


1-1女子A「あの人らって噂のヤンキーさんじゃない」


1-1女子B「え?・・・・うわ〜マジじゃん」

1-1女子B「ってか、なんで、来たの?」


1-1女子A「こんなみんなが見てる中で、誰かを殴ったりしないよね?」


1-1女子B「いッいや、流石にそれは・・・・・」


2-5男子A「おいおいマジかよ」


2-5女子A「ほんとマジ目障りだよね」


2-5男子A「ほんとそれな!」

2-5男子A「1番可哀想なのは2-1の子達だよな」

2-5男子A「あいつらの仲間だもん」


2-5女子A「あの人らが出ると恥さらしなもんだよね」


2-5男子A「な〜」


2-1女子A「なんで、今更来るの?」


2-1男子A「こいつらと同じクラスって、も〜バレてるけどバレたくなかったな〜」


2-1女子B「ってかさ、同クラじゃなかったら良かったのにね」


2-1女子C「まじそれな〜」



薮「言いたい放題だな」


伊野尾「俺らに聞こえる様に言うとか」


有岡「おッ俺・・・涙溜まってきた・・・・」


重岡「こんなに言われるんや」


桐山「ま〜俺ら授業に出ーへんだもんな」


濵田「言われてもしゃーない」


二宮「だとしてもムカつきますね」

二宮「お見舞してあげましょうかね〜」


大野「も〜にの抑えてぇ」


松本「散々言ってろって感じだな」


中島「文句言ってた奴も驚いちゃうくらい頑張っちゃうからね!俺ら!」


山田「そーだな!」


藤井「頑張ろーなー練習やけども」




そして、俺らは一番後ろに並び

始まるのを待った。








そして、生徒会長が演壇に立った。


その横には副会長かな?



いかにも、真面目さんっぽい。


・・・・って、真面目さんが大体入るか。


























わぁ・・・・生徒会長の話、校長と同じく、話が長ぇ(白目)



なげーよ!普通になげーよ!


こーんな、暑い中、話聞いてりゃ〜この長さ。


ふざけんな!



ってゆーか、伊野ちゃん大丈夫かな?




[トントン]




伊野尾「ふぁぁい?((クル」


有岡「うわぁ、凄い顔」


伊野尾「話が長いんだもん」

伊野尾「しかも、暑いしさ〜」


有岡「うんうん」


薮「お前らまだ、校長の話やってんのに何、普通に話してんの」


伊野尾「暑いんだもん」

伊野尾「誰かと話さないと俺、意識飛んじゃう」


薮「アホか」





なーんて、話してたら校長の話も終わり

競技の練習が始まった。



最初は1年のか。



初々しいな。


俺らは途端に初々しさなんか、無くなったけどなw



なーんて、思っていたら



二宮「ね〜大野さん」


大野「な〜ににの」


二宮「先程の生徒会長さん」

二宮「僕、好きになりました」

二宮「初めて一目惚れしました」


大野「・・・・・」


松本「・・・・・・」


二宮「どーしましたか?」


大野「あ、いや・・・・・・・ごめん、おいらも一目惚れしたんだけど・・・・」


二宮「え・・・・・」


松本「ごめん・・・・・俺も」


二宮「え・・・・・・」



うわ〜山田や裕翔と同じくライバルが居るとか、辛いな。


ってか、今回は多いな!?


同じ人を好きになる事ってあるんだね!


漫画だけかと思ってた!



重岡「生徒会長の隣に居った子・・・・・俺、惚れたわ」


桐山「奇遇やな、俺もや」


重岡「ほんま奇遇やn((えぇ!?嘘やろ!?」


桐山「うるさいな〜も〜」

桐山「ほんまやで(真顔)」


濵田「奇遇やな、俺もあの子に惚れたで」


しげあき「え・・・・・」



えぇ!?しげ達もぉぉおおお!!!



薮「お前ら良いな」


有岡「ね〜」




一目惚れの人の話を30分話してたら



放送員(アナ)女子「第1レーン、1-3、髙木雄也」


伊野尾「あ!あのバスケ部の子だ!」


有岡「うわ〜ヤンキーっぽい」

有岡「ってゆーか、伊野ちゃんってあーゆー子がタイプだったんだね」


伊野尾「意外?」


有岡「意外!意外!」


伊野尾「1-3で、髙木雄也って言うんだね、あの子」

伊野尾「ふふふ、髙木ーーー頑張ってーーー!!!」


髙木「ッ!?」



髙木雄也ってゆー子、顔が真っ青。



もしかして、バレたくなかったのかな?


・・・・・いや、そーだよな。


バレたくねーよな、こんな俺らに・・・・。



伊野尾「フレッフレッ髙木雄也!」



チアガールか!



薮「お前、キモイぞ」


伊野尾「うるせー!」


薮「お前がうるせーよ」



[パンッ]



お、髙木雄也君意外と足速いね!


でも、俺よりは遅いかな((ドヤッ←うわ〜ウザby山田)



伊野尾「髙木ーーーファーーーイーーートーーー!!!」


薮「真剣マジうるせー」


二宮「あんな叫んでる伊野尾さん、始めてみましたよ」


大野「ね〜」


山田「キモイな」


中島「伊野尾ちゃんの為に写真撮ってるからね!((カシャカシャ」


伊野尾「ありがとーう♡」


薮「ほんとキモイぞ、お前」



伊野尾「あ〜惜しい!髙木、2位だった〜((ギュッ」


薮「そんな顔して、抱きつくな」



放送員(アナ)男子「第3レーン、1-3、相葉雅紀」


相葉「しょ〜ちゃ〜ん!!!俺!!!頑張るね!!!」


翔(?)「おまッ//黙って集中してろ!」


二宮「名前は翔っとゆーのですね」

二宮「だとしても、あの相葉雅紀ってゆー人が羨ましいです」


大野「まだ、おいら達、喋った事もないから仕方ない」


二宮「そーなんですけど・・・・そーなんですけど、嫉妬しちゃいます」


松本「気持ちは分かるよ、にの」



[パンッ]




二宮「わ、凄く速いですね」


大野「いいな〜、おいらもあんな速く走りたい」


松本「あの子は運動神経抜群なんだろうね」



[ガタン]



伊野尾「あ〜髙木の所に行きたい」


薮「行ってこい」


伊野尾「後で行k((薮「そして、嫌われてこい(←」酷い!」



放送員(アナ)女子「第4レーン、1-3、知念侑李」


山田「げッ」


有岡「どうした?どうした?」


山田「大っ嫌いな奴が来た」


有岡「あの知念侑李って子が?」


中島「只々、山の態度が悪いんだけどね」


山田「うるさい!」


有岡「知念侑李君に何言われてるの」


中島「かなり毒舌でさ、結構ズバズバ言うんだよね」


有岡「あ〜・・・・ほんとに山田が苦手なタイプだな」


山田「最下位になれ」←


中島「それは言い過ぎだよ」


有岡「裕翔にどーかん」


山田「((チッ」



[パンッ]



有岡「おぉ!めっちゃ速いじゃん!」


重岡「運動神経ええんやな!」

重岡「羨ましいわ!」


山田「真剣マジかよ・・・・・・・・」


中島「あの子、凄いね!」



放送員(アナ)男子「第1レーン、1-3、櫻井翔」


二宮「1-3で、名前が櫻井翔・・・・まだ、話した事がありませんが翔ちゃんですね!」


大野「翔君の顔が真っ青なんだけど・・・・どうしたのかな?」


松本「もしかして、走るのが苦手なんじゃ・・・・」


二宮「運動が苦手なんですね!」

二宮「可愛い!」



[パンッ]



大野「ほんとに苦手なんだね」


松本「すぐにバテた」


二宮「ふぁいとですよ!翔ちゃん!」


大野「頑張って欲しいね〜」


松本「何位になっても、頑張って走りきったら1位と同じだよね」

松本「頑張れーー!」



放送員(アナ)女子「第2レーン、1-3、神山智洋」


山田「あの子、チャラいな」


有岡「山田も人の事言e((山田「なんか言ったか」イッイエナニモイッテマセン」


薮「髙木と言い神山と言いチャラい奴、俺らだけじゃねーんだな」


伊野尾「髙木をバカにするなよ!」


薮「別にしてないんだが・・・・・」



[パンッ]



重岡「神山君足速!」


藤井「羨ましいな〜」


桐山「どーしたら、あんな速くなるんやろな〜」


重岡「食事制限して、ランニングしたら速なる」


桐山「走るの嫌いやし、食事制限なんて、続かへんわ」


重岡「じゃ〜諦めるしかあらへん(真顔)」←


桐山「やよな〜」


濵田「少しづつジョギングしたら身についてくるで」


桐山「続くんやろか?」


濵田「それは〜・・・・・なんも、言えやんくなるわ」



放送員(アナ)男子「第4レーン、1-3、小瀧望」



藤井「あぁ!!!」


桐山「ビックリした!どないしたん?」


藤井「クラスは1-3なんや!」

藤井「あ〜ほんま可愛いな〜」

藤井「惚れてまうやろーーー!!!」←チャ○カワイの真似)


重岡「あんな流星初めて見たわ」


桐山「人間って変わるもんやな」




[パンッ]




有岡「高身長で、イケメンで、足が長くて、足が速いって・・・・・何?イジメか、コレは」←


薮「何言ってんだ?お前は?」


有岡「だって、俺さ、身長が低くて男っぽくないじゃん」


薮「ふふ、そーだな」←


有岡「笑うな!」

有岡「でも、ホントの事だから何か言い返したいけど、言い返せない・・・・・」


山田「高身長って、得だな」


藤井「高身長でも、苦労はあるで〜」


有岡「ほんとに?」


藤井「ほんま!ほんま!」


桐山「天井が低いとオデコとかぶつけちゃうんな」

桐山「この前、ぶつけとったわ」


重岡「あー!あった!あった!」


山田「高身長でも、苦労はあるんだね」



放送員(アナ)女子「第1レーン、1-3、中間淳太」


重岡「あの子ちゃう?櫻井君の隣に居った子」


桐山「あ、ほんまや!」


濵田「1-3で、中間淳太・・・・・淳太やな」


桐山「いきなり呼び捨てでええん?」


濵田「ええやろ」←


桐山「じゃ〜俺もそー呼ぼ」


重岡「俺も!」




[パンッ]





重岡「あッあれ?」


桐山「運動神経悪いみたいやな」


濵田「そのギャップがええやん!」


しげあき「な!」


重岡「じゅーーーんたーーー!!!頑張れーーー!!!」


桐山「頑張れーーー!!!」


濵田「もうすぐゴールやでーーー!!!頑張れーーーー!!!」



放送員(アナ)男子「第2レーン、1-3、岡本圭人」




[ガダン]



山田「けーーーとーーー!!!」


岡本「(苦笑)」


中島「苦笑いされてる」


薮「ってか、そんな勢いで立つなよ」

薮「椅子、倒れちゃったじゃん」


山田「頑張ってーーー!!!」


薮「聞いてねーな」




[パンッ]




山田「頑張れーーー!!!」

山田「圭人ならいけるよーーー!!!」


有岡「山田ってあんなんだっけ?」


中島「((カシャカシャ 好きな人が走ってるからね〜」

中島「((カシャカシャ そりゃ〜こーなるよ」

中島「((カシャカシャ 例え、ツンツンさんでもね」


有岡「よく喋りながら撮れるな」

有岡「ほんと流石だよ」


山田「もうすぐゴールだよーーー!!!頑張れーーー!!!」

山田「あ〜惜しい!2位ぃ」

山田「でも、圭人は1位だよ!1位!」←


薮「真剣マジお前、キャラ変わり過ぎだろ」



放送員(アナ)女子「第3レーン、1-3、八乙女光」



ドキン・・・・・・



何・・・・この気持ち。



胸が凄くドキドキする。



もしかして・・・・・俺・・・・・



有岡「一目惚れした!!!」


山田「うるさ・・・・ん?は?誰に一目惚れしたんだよ」


有岡「1-3の八乙女光君!」


薮「おい、待て」


有岡「え?何?」


薮「俺も一目惚れしたんだけど・・・・」


有岡「真剣マジか・・・・・」



わ〜俺にもライバルが居たぁ(涙)


しかも、強敵!


薮ちゃんに勝てる訳がない!



・・・・・・いや、諦めたらダメだよな!



よーーーし!滅茶苦茶アピールするぞーーー!おーーー!!!



それにしても、みんな1-3の男子生徒に一目惚れしたんだね!



山田「それにしても、俺ら偶然にも、1-3の子に一目惚れしてんな」


有岡「俺と同じ事思ってんじゃ〜ん((ギュッ」


山田「肩組んでくんな」

山田「お前と同じ事考えてたのかよ・・・・・・((チッ」


有岡「舌打ちする位俺の事嫌いなの!」


山田「当たり前だろ、ブース!」


有岡「なッ!」

有岡「フーンだ!」

有岡「ひかーーー!!!頑張ってーーー!!!」


八乙女「ッ!?・・・・・・・・・・・・・・・」



うわ、嫌な顔してる!



・・・・・・・・むぅ、そんな嫌な顔しなくても・・・・・・。


でも、ココでくじけてちゃダメだよね!





[パンッ]





山田「意外と速い」


中島「((カシャカシャ ちぃ←勝手に呼んでる)と同じく毒舌だけど足は速いんだね」


有岡「言い方には慎んでね」


中島「((カシャカシャ ごめんごめん!」


有岡「ま〜写真撮ってもらってるし、パーにして、あげる!」


山田「偉っそうだな」


有岡「ひかーーー!!!もうすぐゴールだよーーー!!!頑張れーーー!!!」


山田「無視すんなよ!」


薮「光ーーー!!!頑張れーーー!!!」

薮「あ、3位だ」

薮「よく頑張ったなーーー!!!光ーーー!!!」


八乙女「・・・・・・・・・・・」




全然笑顔見せてくれないね。


手厳しい!!!








それから、1年のリレーは終わった。



次は、俺達、2年のリレー!


よーし!いい所、見せるぞーーー!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るんにゃん
るんにゃん
どうも、るんにゃんです! 名前の由来は大ちゃんがにこるんの格好をして呼ばれてたありるんのるんとファンの子に呼ばれてるひかにゃんのにゃんを合わせたんです、はい。 キチガイですいません。 後、嵐とHey!Say!JUMPとジャニーズWESTが大す貴なんですよ! 後、バリバリ腐女子です。 なので、ぼーいずらぶらぶしか書けません← そして、アニメも好きです! YouTuberも大好きです! 好きなYouTuberは レトルト君にキヨ君にフジ君に こーくさんにスマイリーさんに KAITO君になろ屋さんにみねっとさんに ちゃん丸さんにコアラさんに はやスマさんにたくっちちゃんに りおららちゃんが大す貴です! そして、今、気になってるジャニーズはKing&Princeとなにわ男子とSixTONESとTravisJapanとSnow Manです。 好きなコンビは嵐ではにのさくでJUMPではありひかでWESTではしげじゅんです。 ちなみにコンビではないのですがなにわ男子とSixTONESとKing&Princeの好きな推し、担当を言います。 なにわ男子では西畑大吾君と大西流星君と大橋和也君と長尾謙社君が好きです! 多くてごめんね! King&Princeでは岸優太君が好きです! あの天然バカっぷりと歌声とピュア過ぎる所が好きです! SixTONESでは髙地優吾君が好きです! メンバーみんな面白くて好きなんだけど髙地優吾君の笑顔がね好きなんです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る