無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

部活決め..... ダルい朝
松本side
[ドスン]
有岡「あ〜今日は部活決めか〜・・・・・・・・・・めんどっち」
山田「コレってさ部活決めなきゃダメなの」
二宮「((カチャカチャ 決めなきゃi((うわ!?ちょ!そこはダメですよ!」
大野「話の途中だよ〜にの〜」
二宮「へ?・・・・・・あ、すいません」

二宮「先生達がくそどうでもいい部活を作ったんですから入らなきゃダメなんじゃないんですか?」←
大野「にのらし〜い妄想、発言だね」
二宮「妄想でもありません」

二宮「事実じゃないですか」←
薮「どっちみち入らないとダメなんじゃね?」

薮「っとか言っときながら俺は入らないけどな」
重岡「部活するより家に帰ってゲームした方がええよな!」
有岡「それな!」
山田「俺はカフェに行ってイチゴパフェ食べるわ」
有岡「相変わらず山田おまえは女子力たけーな」
藤井「ねむたい...........ねたい...............((ゴロン ねる」←
大野「あ!おいらもn((ガシッ 二宮「大野あなたはダメです」な〜んで〜」
いつものよーに自由に喋ったり寝たりとしてたら
[ガチャ]
2-1担任の先生「お前ら部活決めだ」

2-1担任の先生「ちゃーんと決めてこいよ」
先生に紙を渡された。

普通に要らね。

俺、部活入る気ねーし。

マジ要らね。
有岡「あの〜せんせ〜い」
2-1担任の先生「部活入らないって選択肢はねーからな」
有岡「はぁ!?」
2-1担任の先生「お前らみたいなヤンキーは少しはどっかの部活に入って学んだ方が良い」
山田「逆に学ばなくても別にいいし」
2-1担任の先生「良くない」
山田「生き方は俺らが決めることだし先生たちが決めることじゃねーだろ」
2-1担任の先生「・・・・・・・・・・・・・・・もう、自由にしろ」
[バタン]
山田「よし!勝った!((ガッツポーズ」
伊野尾「これで部活選ばなくていいね〜」

伊野尾「あ〜良かった!良かった!」
濵田「よーし、俺らは帰らへんか?」
有岡「だな!帰ろ!帰ろ〜う!」
そして、俺達は普通に帰った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るんにゃん
るんにゃん
どうも、るんにゃんです! 名前の由来は大ちゃんがにこるんの格好をして呼ばれてたありるんのるんとファンの子に呼ばれてるひかにゃんのにゃんを合わせたんです、はい。 キチガイですいません。 後、嵐とHey!Say!JUMPとジャニーズWESTが大す貴なんですよ! 後、バリバリ腐女子です。 なので、ぼーいずらぶらぶしか書けません← そして、アニメも好きです! YouTuberも大好きです! 好きなYouTuberは レトルト君にキヨ君にフジ君に こーくさんにスマイリーさんに KAITO君になろ屋さんにみねっとさんに ちゃん丸さんにコアラさんに はやスマさんにたくっちちゃんに りおららちゃんが大す貴です! そして、今、気になってるジャニーズはKing&Princeとなにわ男子とSixTONESとTravisJapanとSnow Manです。 好きなコンビは嵐ではにのさくでJUMPではありひかでWESTではしげじゅんです。 ちなみにコンビではないのですがなにわ男子とSixTONESとKing&Princeの好きな推し、担当を言います。 なにわ男子では西畑大吾君と大西流星君と大橋和也君と長尾謙社君が好きです! 多くてごめんね! King&Princeでは岸優太君が好きです! あの天然バカっぷりと歌声とピュア過ぎる所が好きです! SixTONESでは髙地優吾君が好きです! メンバーみんな面白くて好きなんだけど髙地優吾君の笑顔がね好きなんです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る