無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

カメラに写る君に一目惚れ
中島side
有岡「あ〜つまんね〜」
山田「俺ら以外の学年達は体育祭が近いから練習してるよな」
重岡「あ〜もうすぐ体育祭か〜」
濵田「体育祭って何が楽しんやろうな?」
二宮「ただの走るだけで意味は無いですよ、意味は」
大野「運動が嫌いな子にとっては辛いよね」
伊野尾「悪魔の体育祭だよ」
薮「運動クソダメだもんなwwwwww」
伊野尾「クソとはなんだ!クソとは!」
薮「でも、本当の事だろ?」
伊野尾「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でさ、みんなは体育祭出るの?」

伊野尾「俺は当たり前に出ないけど」
有岡「俺、迷い中〜」
重岡「俺も迷い中なんねんな〜」
松本「ってか伊野尾以外みんな迷い中でしょ?」
ヤンキー-じゅんいの「((コクコク」
はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・


体育祭に出るのはもの凄く面倒臭いけど

意外と嫌いじゃないんだよな〜

ま、めんどいけどね。
そんな事より写真!写真!
[カシャカシャ]
有岡「相変わらず写真撮るの好きだよな〜」
中島「ま〜ね〜((カシャカシャ」
撮り始めて5.6分位たった頃

少し休憩しようと電源ボタンを押そうとしたら
中島「ッ!?」
俺の愛カメラに写っている子に絶句した。
俺は初めて一目惚れをしたのだ。

ほんとに初めてだ。

一目惚れってこんな感じなんだな。

ほんとにこの人を見る度に

胸がドキドキ、ドキドキする。

好きが滅茶苦茶溢れてくる。
そんな俺を変に思ったのか山が
山田「裕翔どうしたんだよ?」
中島「へ?・・・・えッえっと・・・なんにも・・・・ないよ!」
山田「何焦ってんだよwww」
二宮「((カチャカチャ その焦り方恋した人の焦り方と同じですね」
ギクッ
有岡「何!何!ゆーと好きな人が出来たのか!」
中島「あ、いや、その・・・・・ッ」
伊野尾「もしかして、グランドに居る誰かに惚れたんだね?」
ギクギクッ
大野「いいね〜一目惚れって・・・・・おいらには縁のない事だから、一生ないと思うけど・・・・でも、ま〜憧れるよ!」
有岡「いいな〜俺も一目惚れしたーい!」
濵田「写真とか撮ってへんの?」
いつの間にか撮ってたよ←

絶句しているあいだにいつの間にか

シャッターを押しちゃってた。
中島「えっと・・・・・まぁ、撮ったちゃ撮ったけど〜・・・・・・・・見る?」
ヤンキー-中島「見る!/見たい!」
そして、俺はいつの間にかシャッターを押して撮った写真を見せた。

でも、この後、ライバル出現するなんて、知る由もない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るんにゃん
るんにゃん
どうも、るんにゃんです! 名前の由来は大ちゃんがにこるんの格好をして呼ばれてたありるんのるんとファンの子に呼ばれてるひかにゃんのにゃんを合わせたんです、はい。 キチガイですいません。 後、嵐とHey!Say!JUMPとジャニーズWESTが大す貴なんですよ! 後、バリバリ腐女子です。 なので、ぼーいずらぶらぶしか書けません← そして、アニメも好きです! YouTuberも大好きです! 好きなYouTuberは レトルト君にキヨ君にフジ君に こーくさんにスマイリーさんに KAITO君になろ屋さんにみねっとさんに ちゃん丸さんにコアラさんに はやスマさんにたくっちちゃんに りおららちゃんが大す貴です! そして、今、気になってるジャニーズはKing&Princeとなにわ男子とSixTONESとTravisJapanとSnow Manです。 好きなコンビは嵐ではにのさくでJUMPではありひかでWESTではしげじゅんです。 ちなみにコンビではないのですがなにわ男子とSixTONESとKing&Princeの好きな推し、担当を言います。 なにわ男子では西畑大吾君と大西流星君と大橋和也君と長尾謙社君が好きです! 多くてごめんね! King&Princeでは岸優太君が好きです! あの天然バカっぷりと歌声とピュア過ぎる所が好きです! SixTONESでは髙地優吾君が好きです! メンバーみんな面白くて好きなんだけど髙地優吾君の笑顔がね好きなんです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る