無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

放課後 部活
櫻井side
えーと、俺は生徒会長に選んだ。

で、淳太は副生徒会長。
それにしてもだ・・・・・・・・・・・

なんだこの量。
確かにもうすぐってゆーか後、10日あるってゆーのにこの量はありえねーだろ。
っとか思ってても進まないのでやりますけども・・・・・・・・・・・・・・・・


そんなに生徒って居るのか?


・・・・・・・・・・・・後で調べよ。
櫻井「ごめんな、手伝わせちゃって」
中間「副生徒会長ですもん!」

中間「困ってる時は手伝う、助け合うのが当たり前やで!」

中間「謝らんといて!」
櫻井「ほんと淳太は優しいよな」

櫻井「さっさと終わらせて帰るぞ!」
中間「そうですか?」

中間「はよ、終わらせましょ!」
そして、俺達は終わらせる為に

始めようとしたら
[ガチャ]
相葉「ね〜ね〜翔ちゃ〜ん!」←
おい、なんで、生徒会室に来てんだよ、相葉おまえは(真顔)
中間「あれ?バスケ部は今日はないん?」
相葉「あるよ!」←
だよね、あるよね(真顔)

じゃ〜なんで、来たんだよ(真顔)
櫻井「なんで、来たんだよ」
相葉「そりゃ〜バスケ部に来て欲しくてさ!」
相葉ちゃんしか出せないスマイルで言われてもな・・・・・・・・・

行けれね〜もんは、行けれないしな。
櫻井「な〜相葉ちゃん」
相葉「ん?」
櫻井「大量の資料があるのが分かるか?」
相葉「結構あるね」
櫻井「結構あるだろ」

櫻井「なら、分かるはずだ」
相葉「・・・・・・・・・・・・・・え、何?」←
こっちが「え、何?」って言いたいよ!
櫻井「待て待て待て今ので分かんないか?」
相葉「うん、全く」←
相葉コイツはほんとにある意味スゲーは。
櫻井「こんなにあるんだからお前が言っているバスケ部に行けないって事なんだよ」
相葉「翔ちゃんなら少し位バスケ見ててもすぐにその資料をシュパーっと終わらせれるよね!」←
相葉コイツ舐めてやがる。

そんな、すぐに終わらせれるか!

頭が良くても無理だよ!
櫻井「無理に決まってんだろ」
なーんて、揉め事をしていたら
[ガチャ]
今度はd((小瀧「相葉ちゃ〜ん部長が呼んでるよ〜・・・・って淳太〜((ギュッ」
中間「・・・・・・・・・・・・・抱きついてくんなや」
髙木「相変わらず望君は淳太君の事好きだね〜」
小瀧「むふふ〜・・・・あ、相葉ちゃ〜ん」
相葉「ん?」
小瀧「部長が呼んでたよ!」
髙木「後、先生もね」
相葉「んえ〜・・・・・はぁ....今日は我慢しよ〜」

相葉「でも!今度は来てね!今度は!」
櫻井「はいはい行く行く」

櫻井「そんな顔すんなってホントに行くから」

櫻井「ほら、早く行きなさい」
[ガチャ]
[バタン]
[ガダン]
櫻井「まっっっっっったく相葉アイツは.............」
中間「でも、ま〜愛されててええですな」
櫻井「ある意味な」

櫻井「よし!再開するぞ〜!」
そして、俺達はやろうと思っていた作業を再開した。
*************
るんにゃん
るんにゃん
飛ばします。
るんにゃん
るんにゃん
飛ばしてばっかですが

呆れずに見てくれると嬉しいです!
**************

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

るんにゃん
るんにゃん
どうも、るんにゃんです! 名前の由来は大ちゃんがにこるんの格好をして呼ばれてたありるんのるんとファンの子に呼ばれてるひかにゃんのにゃんを合わせたんです、はい。 キチガイですいません。 後、嵐とHey!Say!JUMPとジャニーズWESTが大す貴なんですよ! 後、バリバリ腐女子です。 なので、ぼーいずらぶらぶしか書けません← そして、アニメも好きです! YouTuberも大好きです! 好きなYouTuberは レトルト君にキヨ君にフジ君に こーくさんにスマイリーさんに KAITO君になろ屋さんにみねっとさんに ちゃん丸さんにコアラさんに はやスマさんにたくっちちゃんに りおららちゃんが大す貴です! そして、今、気になってるジャニーズはKing&Princeとなにわ男子とSixTONESとTravisJapanとSnow Manです。 好きなコンビは嵐ではにのさくでJUMPではありひかでWESTではしげじゅんです。 ちなみにコンビではないのですがなにわ男子とSixTONESとKing&Princeの好きな推し、担当を言います。 なにわ男子では西畑大吾君と大西流星君と大橋和也君と長尾謙社君が好きです! 多くてごめんね! King&Princeでは岸優太君が好きです! あの天然バカっぷりと歌声とピュア過ぎる所が好きです! SixTONESでは髙地優吾君が好きです! メンバーみんな面白くて好きなんだけど髙地優吾君の笑顔がね好きなんです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る