無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

俺達のSchool Lifeが180゚変わっちゃった!?
前のチャプターへ戻る

第30話

休憩中に
髙木side
今、競技で後ろ向きリレーをやっている。


この競技は、やりたい人、自信がある人だけ参加している。


この競技に知念や神ちゃんや相葉ちゃんが参加。


流石、運動神経抜群組。



俺なんて、多分だけどコケるよ(苦笑)



八乙女「後ろ向きでリレーとかよく考えたよな」

八乙女「誰が考えたかは知らないけど」


櫻井「面白そうだが、普通に俺コケるからな〜」


中間「俺もコケるわ〜」


岡本「あ!次、ちぃちゃんだよ!」


小瀧「ちぃたーん!頑張れー!」


八乙女「知念ならいけるよー!」




[パンッ]




岡本「頑張れー!」


八乙女「イケイケGoGo!知念侑李!」


櫻井「なんだ、そのダサい応援w」


中間「あと少しやでー!」


髙木「頑張れー!」




[パパン]




八乙女「おー!知念1位ぃ!」


髙木「流石だな!」


岡本「おめでとーう!」


櫻井「やっぱり運動神経抜群な子って羨ましいよな〜」


中間「やな〜」

中間「辛いジョギングなしで速くなりたいわ」


小瀧「それは無理や」


中間「やよな〜」


髙木「次、あi((○○○「たっか“ぎ”ーーー!!!((ギュッ」・・・・・・・・・」


八乙女「なッなんで、伊野尾がココに居るんだよ!」


伊野尾「なんでって、そりゃ〜髙“ぎ”に会いに来たのぉ」


髙木「・・・・・・・・・・」


八乙女「いい加減離れろ!」


伊野尾「やーだー!」


○○「よ、圭人」


○○「遊びに来ちゃった!」


岡本「山田君に中島君!」


八乙女「お前らも圭人に近づくな!」


櫻井「厄介だな」


中間「面倒臭い事になったな〜」


○○「じゅーんた!((ギュッ」


中間「お前とは今日が初めてなんやぞ、なんで俺の名前で呼んでんねん」


○○「ほら、やっぱりダメやん」


○○「名前で呼んでもええやん、ええやん!」


中間「よくあらへんわ!」


重岡「ええの!ええの〜!」


中間「良くないって言うてるやろ!」


重岡「じゅ〜んた!」


中間「コイツぅ」


○○「お邪魔しま〜す」


○○「君達はやっぱり賑やかだね!」

○○「翔く〜ん!((ギュッ」


○○「コラ!ズルいですよ!」

○○「翔ちゃ〜ん((ギュッ」


櫻井「・・・・・・・・・・邪魔なのだが・・・・・」


二宮「そんなこと言わずに、ね!」


櫻井「言うよ」

櫻井「付き合った覚えもないし、ましてや、今日知ったばっかだからね」

櫻井「そんな軽々と抱きつかないで」

櫻井「で、なんで、大野君は俺の方で寝ようとしてるの」


二宮「アピールの為ですよ」


大野「眠いんだもん」


松本「相変わらずだね、大ちゃん」


櫻井「は?アピール?なんの?」

櫻井「眠たいからって俺は枕じゃないんだよ!」


大野「居心地が良い枕ぁ」


櫻井「コラ!」




二宮「そんなの決まってるじゃないですか」

二宮「僕達、君に、翔ちゃんに一目惚れしたんですもん」

二宮「そりゃ〜アピールしなきゃですよね?」


櫻井「決まってんのか・・・・・・・・」

櫻井「ふ〜ん、一目ぼr((はぁ?一目惚れ!」

櫻井「俺はあんたらの事目障りだって思ってるんだけど・・・・・」

櫻井「もう、関わらないでくれる」


おおみやじゅん「嫌だ!/ですね/ごめん、無理」


櫻井「俺から離れてくれよぉ」


小瀧「たッ大変やな(苦笑)」


八乙女「な(苦笑)」


小瀧「それよりも、なんで、伊野尾君以外のみんなって運動神経抜群やのに、俺らに構うん?」


八乙女「ふつーに競技に参加すりゃ〜いいのにな」


○○「じゃ〜他の競技に出たら、望は俺の事見てくれる?」


小瀧「やっぱり来るんやね」

小瀧「いや、見ーへんで」


藤井「見てくれやな、俺は出ーへん」


小瀧「・・・・・・・・・・・・・・見たる、見たる(棒読み)」


重岡「完全に見る気0やん」


藤井「えぇ〜見てや〜」


八乙女「ほんと厄介だ」


○○「あの〜ひかr((八乙女「(薮ちゃんを睨みつける)」・・・・・八乙女君、初めまして、薮宏太って言います」


八乙女「別に知りたくないんですけど」


薮「そんな事言わずに、ね?」


八乙女「しかも、勝手に俺の名前で呼んでるしよ」


薮「それは〜・・・・・g((○○「別にいいじゃん!」黙ってついてきてると思ったら・・・・急に叫ぶな」


八乙女「何が「別にいいじゃん!」だよ!」

八乙女「良くねーよ!」


有岡「好きな人の名前で呼びたいじゃん!」


八乙女「俺にとっては不愉快なんだけど」


有岡「なんで?」←


八乙女「俺よりバカなの」


有岡「バカじゃないやい!」

有岡「で、なんで、不愉快なの?」


八乙女「そんなの決まってんだろ!」

八乙女「俺はお前らの事、今日知ったし、伊野尾や中島や山田と友達な奴とは関わりたくねーよ」


薮「ま〜俺らって突っ走る所あるよな」

薮「恋の事に関して俺も驚きだもん」

薮「毎回コイツ(伊野ちゃんに指を指す)に注意してたからな」


八乙女「だったら分かるだろ」

八乙女「“好きにならない”事」


有岡「ねぇ」


八乙女「なんだ?帰る気になったか?」


有岡「ならないよ」

有岡「ってか、なる訳ないよ」


八乙女「や、なれよ」


有岡「さっき、ひかさ」


八乙女「なんだよ」

八乙女「ってか、名前で呼ぶな」


有岡「こー言ったよね」


八乙女「無視かよ」

八乙女「で、なんだよ」


有岡「“好きにならない”って」


八乙女「言ったよ、言ったけどそれが何か?」


有岡「なんで、そんな簡単に言えるの?」


八乙女「は?」


有岡「あんたもバカじゃん」


八乙女「バカじゃねーし!」


薮「まあまあまあ」

薮「ほら、話し聞こ、ね?」


有岡「気持ちが揺るぐかもしれないのにそんな簡単に決めつけるの」

有岡「まだ、分かんないじゃん!」


八乙女「いやいやいや、分かりきってる」

八乙女「予知出来ねーけど、予知しなくても分かるよ」

八乙女「俺達は君達の事を“好きになりません”」


有岡「よくそんな簡単に言えるね」


八乙女「分かりきってる事だからな」


有岡「・・・・・・・・・・・・・今のうちだよ」


八乙女「は?何が?」


有岡「そんな事言えるの」


八乙女「何言ってんの(真顔)」


有岡「“好きになりません”とか言っときながら俺達に惚れるから」


八乙女「ほんと何言ってんの真剣マジで(真顔)」


有岡「後悔させてやるから」


八乙女「後悔なんて、しねーから、な〜みんな!」


髙木「しないよ」


伊野尾「ほんとかなぁ?」


髙木「近いよ」

髙木「ほんとだよ」


櫻井「ならないね」


二宮「ふふ、ま〜言っといて下さい」

二宮「僕に惚れちゃいますから」


大野「おいらに惚れるの!」


二宮「僕です!」


大野「おいらだよ!」


松本「言い合いしない」


櫻井「どっちも惚れないよ!」


岡本「有岡君はよくそんな自信もって言えたね」

岡本「俺ならそんな自信もって言えないな〜」

岡本「でも、俺も惚れたりはしないかな」


山田「それホントに惚れないと思う?」


岡本「あッ//あのちッ//近いよ」


八乙女「おい、こら、圭人から離れろ」


山田「お前には関係ないだろ」


八乙女「関係ある」


山田「・・・・・・そんな事よりも、圭人」


岡本「なッ何?」


山田「俺に酔いしれるから、絶対に今の発言、後悔するよ」


岡本「そッそーかな?」


中島「なんで、山なの?俺に酔いしれるんだよ」


山田「誰がお前に酔いしれるんだよ!」


中島「山のさっきの発言」

中島「絶対に後悔してあげるから」


山田「あーあーしてみろよ!」


薮「確かに光が言った今の発言、後悔させてやるって気持ちは分かるけど、競技の練習をしてる事を忘れるな」


有岡「そーーーだった!!!」


八乙女「うるせーな」


有岡「俺が出る競技、絶っっ対に見てね!」


八乙女「はいはい(棒読み)」


有岡「絶対だよ!」


八乙女「はいはい(棒読み)」


薮「これは、見ないぞ」


有岡「ひ〜か〜((プクゥ」


八乙女「見りゃ〜いいんだろ、見りゃ〜」


薮「あ、ちなみに俺の競技も見てね」


八乙女「はいはい」


二宮「この僕でさえ、今、競技の練習してた事忘れてました」

二宮「翔ちゃん!絶対に僕の競技見て、応援して下さいね!」


大野「おいらも!おいらも!」


松本「ちなみに俺が出る競技も見て欲しいんだけど」


櫻井「見る見る」


二宮「本当ですね?」


櫻井「ほんとだよ」


二宮「応援も可愛らしく応援して下さいね!」


櫻井「それは却下!」


二宮「えぇ」


伊野尾「髙“ぎ”が応援するのなら、運動音痴の俺でも、競技に出る!」


髙木「ほぼ役に立たなそう」


薮「確実に立たないと思う」


伊野尾「薮ぅ!俺を虐めるな!」


薮「いじめてねーよ」

薮「弄ってるだけだよ」


伊野尾「虐めているのと同じだよぉ!」


薮「・・・・・・・・・・」


髙木「でも、ま〜ふらふらな伊野尾君見たいから見てあげる」←


伊野尾「髙“ぎ”ドSぅ」


髙木「別にドSじゃないんだけど・・・・・ってか、ずっとツッコミたいとゆーか、注意したい事があるんだけど」


伊野尾「な〜に〜?」


髙木「さっきから髙“ぎ”って呼んでるけど」


伊野尾「うん」


髙木「髙“き”だからね!」


伊野尾「・・・・・・ふふ、そんなの知ってるよ」←


髙木「へ?」


伊野尾「わざとに決まってんじゃ〜ん!」


髙木「なんか、ウザイ」


伊野尾「ウザがらないでぇ」


薮「ウザイ気持ちはもの凄く分かる」


伊野尾「おい!」


有岡「う〜んひかひかぁ((スリスリ」


八乙女「気持ちわりぃーから辞めろ!」


有岡「そんな事思ってないくーせーにぃ((スリスリ」


八乙女「辞めろって!」


山田「おい、有岡」


有岡「なんだよぉ((スリスリ」


山田「ここまでにしとけ、余計嫌われるぞ」


有岡「こーゆーので、惚れちゃう子も居るんだよぉ((スリスリ」


山田「そんな猫がやるみたいな、その仕草が?行動が?」


八乙女「((ビクッ」


有岡「そうそう」

有岡「その仕草、行動で、惚れちゃう子も居るの!」

有岡「ってか、なんでさっきビクついたの?ひかぁ」


八乙女「あ・・・いや・・・・・別に・・・・・・」


中間「山田が言った言葉にビクついたんやな」


櫻井「八乙女にとってはもの凄く苦手だから、仕方ない」


有岡「え?何何?何が苦手なの?ひか?」


八乙女「俺、別に苦手なのねーから」


有岡「ねぇ〜教えてよ〜(光君の腕を掴み左右に揺らす)」


八乙女「ないって言ってんだろ!」


薮「山田が言ったのって“猫”だよな?」


八乙女「((ビクッ」


薮「ほらやっぱり」


有岡「何が分かったの?」


薮「光ってさ、猫嫌いだろ」


有岡「そうなの!?」


八乙女「・・・・・・・・・・・・・・」


薮「黙ったって事はそーなんだな」


八乙女「へッへー気だし!普通に触れるよ!」


薮「・・・・・・・・・伊野尾」


伊野尾「んぅ?」


薮「((コニョコニョ」


伊野尾「酷い事するねぇ」

伊野尾「ま、いいけどさぁ」

伊野尾「ひ〜か〜る〜」


八乙女「なんd((ぎゃぁぁああああああ!!!((ギュッ」


髙木「も〜伊野尾君」


伊野尾「な〜に〜?」


髙木「光君を虐めないで」


伊野尾「別に俺は虐めてないよぉ」

伊野尾「頼まれた事をしただけぇ」


髙木「人が嫌がる事はやっちゃダメだよ」


伊野尾「なんで、俺だけ怒られるの?」


八乙女「(涙)」


岡本「あ〜光くぅん!((タッタッタッ よしよ〜し((ヨシヨシ」


薮「うん、やっぱり苦手だったか」


八乙女「薮のバカ!!!」


薮「ッ・・・・・・俺、ドSなのかな?」

薮「今のなんか、ゾクゾクってした」←


有岡「ドS心、擽るよね!」

有岡「薮ちゃんの気持ちめっっっちゃ分かる!」

有岡「俺に言われた訳じゃないのにゾクゾクってしたもん!」


八乙女「お前らキモイよ!バカ!」


有岡「その顔で言われても怖くないよ」

有岡「むしろエrイから」


八乙女「ッ!・・・・・・・・キモ!氏ね!」


有岡「可愛い!((ギュッ」


八乙女「抱きつくな!」


有岡「((スリスリ」


伊野尾「光って可愛い所あるね」

伊野尾「あんな毒舌だったのに」

伊野尾「ま、俺は髙木一筋だから、好きまでは行かないけどね!」


髙木「もう、俺の事嫌いになってよ」


伊野尾「ならない!」


桐山「そーいや、もうすぐ後ろ向きリレー終わるで」


二宮「次はなんでしたか?」


大野「まだ、決まってないからバラバラだけど、確かパン食い競走」


有岡「おっしゃ!俺が出る競技!!!」

有岡「ひかぁ」


八乙女「なんだよ」


有岡「俺の事応援してね!」


八乙女「はいはい」


重岡「ふっふっふーん!」


桐山「急に笑うなや、怖いな」


重岡「有岡大貴!!!」


有岡「なんだ!重岡大毅!!!」


重岡「このパン食い競争で俺に勝てるかな?」


有岡「よゆーで勝つ!!!」


八乙女「あいつら何やってんだ?」


中間「さ〜」


薮「良く、アイツらで張り合うんだよな」


八乙女「しょーもな」←


櫻井「俺らどーする?パン食い競走」


小瀧「俺、出る」


藤井「俺も出る!」


小瀧「流星」


藤井「何?」


小瀧「俺に勝てるかな?」


藤井「え〜望と勝負するん?ややぁ〜」

藤井「待機中に普通に応援したい!」


小瀧「しょーぶじゃ、勝負!」


藤井「そんなぁ((ショボーン」


櫻井「出てみたいが、俺には向いてないしな〜」


中間「俺もや」


二宮「競走で、迷ってるんですよね?」


櫻井「運動音痴な人にとっては辛い」

櫻井「はぁ・・・・・・・・・・何も出れない」


二宮「パン食い競走だけでもやってみたらいいじゃないですか」

二宮「怪我したら僕がおんぶして保健室に連れていきますから」


櫻井「怪我しても、おんぶはしなくていい」

櫻井「でも、ま〜さんかしよーかな」


中間「翔君!頑張って!」


櫻井「おう!」

櫻井「ま、練習だけどなw」


二宮「翔ちゃん応援してますね!」


櫻井「お前はいい」


二宮「なんでですか!」


大野「翔君!応援してるね!」


櫻井「だから、いいって」


大野「なんでぇ!」


松本「がッ頑張ってね!」


櫻井「・・・・・・・・・お前、意外と可愛いな((ポンポン」


松本「そッそーかな?」


櫻井「うん、可愛い」


二宮「なーんで、松本さんだけなんですか!」


大野「ズルい!」


櫻井「よーし、頑張ってくるわ!」


小瀧「翔くーん一緒に行こ!」


櫻井「おう」


伊野尾「俺も髙木に良い所見せたいから出ようかな?」


薮「お前は出ない方がいいぞ」


伊野尾「やっぱりぃ?」


薮「走る所ダメじゃん」


伊野尾「・・・・・・・・それでも、出る!」


薮「自由にしろ」


伊野尾「応援しててね!」


髙木「応援するする、するから早く行って」


伊野尾「どーせ、髙木も出るつもりでしょ?」


髙木「なんで、分かったの」


伊野尾「好きな人の心は読めれるんだ〜」


髙木「うわぁ(ドン引き)」


薮「今の話、嘘だぞ」


髙木「嘘だとしても、キモイよ」


伊野尾「早く行くよぉ」


薮「無視した」






中間side








八乙女「俺も出よっかな?」


薮「応援してるな((ポンポン」


八乙女「ちょ//辞めろよ!」


薮「ふふ、照れてる、可愛い」


八乙女「照れてねーよ!バカ!」

八乙女「まッま〜行ってくるよ」


薮「はは、おう、行ってらっしゃい((ポンポン」


八乙女「もう!辞めろよ!」


薮「そんな、ツンツンしなくても」


八乙女「してねーよ」


薮「そんな事より行くんじゃなかったのか?」


八乙女「ん、行ってくる」


山田「俺もその競技に出よ」

山田「応援してよな」


岡本「えっと、頑張って!」


山田「ッ!・・・・・ヤバ、凄く可愛かった」

山田「めっっっちゃやる気出た!」

山田「圭人!ありがとな!((ポンポン」


岡本「ちょ//」


中島「・・・・・・・・・・・・・・俺も出る」


岡本「中島君、頑張ってね!」


中島「ふふ、うん!頑張ってくるね!」


中間「やっぱ、圭人って凄いわ」


薮「あの山田さえ、素直にさせちゃうからな」




そして、パン食い競走が始まった。
+++++++++++++++++
るんにゃん
このお話とは関係ないのですが・・・・・


ジャニーさん、大丈夫ですかね?


無事なら良いですね。


願うしか、ないですね。


無事であります様に!
***************
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡