無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

しろつめくさ

転勤が決まってから2ヶ月がたとうとしていた。

だんだん木の葉が茶色に変わってきた。

楽しみな気持ちよりも悲しみの気持ちが強くなってきた。

先生が結婚した。


たった2ヶ月でこんなに変わった。


時がたつのは早い。


改めて実感した。





そんなある日のことだった。









「莉乃さんのお別れ会をします。」




先生が言った。

…………。

残念だけど正直そんな予感はしていた。

だって皆なんかコソコソ準備してるし、

私が何してるのか聞くと

な、なんでもないよ〜

ってわかりやすく逃げるし。


しってるよ。

なんて言ったら気まずいから

え〜!

と大げさに反応する。

クラスの皆は待ってましたとにやける。

でも楽しみだった。

何も言わずにお別れよりもこっちのほうがいいよね。






私はみんなに任せて時がすぎるのを待つことにした。






-----続く-----